【サラリーマン】資産1億円の作り方

投資

暇さえあればお金のことばかり考えています。
どんだけお金が好きやねんって話ですね。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【サラリーマン】資産1億円の作り方

 

たろうの目標は遅くとも60歳で資産1億にすることです。
現在40歳なのであと20年間。
今回は本当に1億まで貯めることができるかちょっと考えてみました。

今回は完全にたろうの妄想です。

結論

できる!可能だ!がんばれ!たろう!
あくまで机上の空論ですが、可能ということが分かったので、
一つずつ仮説を立てていきたいと思います。

たろうの目標は純資産1億です。
20%は現金で持っておきたいので2,000万は現金。
残り8,000万が運用資産の予定。
そのつもりで計算してみます。

投資信託&企業型確定拠出年金&iDeCo

まずは投資信託関連から考えてみます。

【現在の投資状況】

投資信託:513万円
年金(企業型拠出年金&iDeCo):242万円

【現在の年間の投資額】
投資信託:180万円
年金(企業型拠出年金&iDeCo)60万円
仮に平均リターンを5%であと20年計算した場合

20年後には約9,000万まで貯まります。
ですが、税金20.315%かかってくるのでちょっともったいないですね。
つみたてNISAと企業型拠出年金とiDeCoのみでも良さそうです。
【つみたてNISA&企業型拠出型年金&iDeCo満額の場合】

年間投資額
つみたてNISA 40万
企業型拠出年金&iDeCo
40万+66万=106万こちらもリターン5%で計算した場合。

20年後には約5,000万弱まで貯めることができます。
非課税制度を最大限利用できるのでいいですね。
またこちらの方が生活を豊かにしながら貯められそうです。

高配当&増配当ETF、個別株について

投資信託で5,000万ということなので残り3,000万をETFと個別株で考えたいと思います。
そうすれば現金が2,000万になるよね。
配当金分配金は3%で試算します。

【現在のETFと個別株資産】

米国ETF 92万
米国個別株 16万
日本個別株 99万
合計 207万円

【年間投資額】
2793万÷20年=140万

毎年の投資額は140万ですね。
グラフにするとこんな感じ。
20年後には年90万の分配金配当金が不労所得として入る計算。
余裕があれば高配当増配当に追加投資してもいいかもですね。
年120万の不労所得を得たいので4,000万を目指してもいいですね。

【年間投資額】

投資信託106万+個別株&ETF投資140万=年間投資額246万

少しずつ配当金が増えるので投資は楽になりそうです。

まとめ

こんな風に仮説立てて勝手に妄想しています。
あくまで机上の空論ですが、具体的に分解していけば現実味が増してきます。
頑張れば5年くらい短縮できそうですね。
妄想おすすめです。

11月推薦図書

10月を終えたので、11月の推薦図書を公開したいと思います。
10月に読んだ本の中でおすすめできる図書をを選びましたので、
是非興味をもっていただければと思います。

・とにかく漫画なので読みやすい!
・投資初心者、投資を考えている人に読んでほしい!
・税理士youtuber大河内さんが面白おかしく説明してくれています。

・中学生から読ませたい。
・お金の考え方がを学ぶことができる。
・お金のことをまじめに考えたことのない人は全員におすすめ。

・たぱぞうさんが実際に行った投資方法が記載されています。
・何よりも金融資産ごとのおすすめ運用方法などが参考になる。
・米国で投資を行う根拠を元に説明されているので非常に腑に落ちます。

・米国投資を中心とした投資を体系化して説明してくれている良書。
・目的、目標からの逆算した投資方法の記載。
・投資するための順序を踏まえて説明されているので米国株をする人にはぜひ読んでほしい。

・今現在一番売れているお金に関する本です。
・投資だけではなく、お金全般に関することが網羅されており、体系化されている。
・投資をしない人にも是非読んでほしい本当に良い良書。

・故・小池一夫さんの名著。
・生きていくことについて避けることができないことを文字にしてくれています。
・大人こそ読んでいただき、共感する部分を今一度振り返って大事にしてほしいと思える良書。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました