【必見?】5年で資産(貯蓄・貯金)ゼロから資産2,000万にした方法

投資

昨日の夕飯は寿司です。
食べたかったうにがありませんでした・・・。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

5年で資産ゼロから資産2,000万にした方法

 

5年でどうやってそんなに資産を増やしたの?という質問があったので、
振り返って考えることにしました。
自慢話みたいになっているので読みたくない人は読まない方がいいです。
人の自慢ほど面白くないものはないですからね・・・。

結論

人的資本が最強ということです。

・QOLを上げなかった(QOL=生活の質や生活水準)
・源泉徴収を確認して翌年の貯蓄計画を立て確実に実行した。
・貯まった貯蓄(資産)の2割~3割を投資に回して増やしていた。
・仕事の成果を確実に出すためのプロセスを細かく設定し昇給昇進した。

QOLを上げない


月間の生活費を15万で固定
していました。
正社員になって給与が上がろうが、昇進して給与が上がろうが生活費は固定。
たろうの職場は引っ越しが伴う職場でしたが、家賃もパート時代と同程度の金額をベースにするように住む場所を決めていました。
たまに賞与が出た時にどうしても欲しいものがあるときは買っていましたが、基本はパート時代から変わらない生活水準を保つようにしていました。
正社員になったことで年収が額面400万ほどになって興奮したことを覚えています。

ちなみにパートの時の給与は手取りで11~13万程度。(額面年収160万くらい)
家賃は6万円、水道光熱費1万円、携帯インターネット代1万。
食費や被服費など月に使えるお金は大体4~5万円。
給料日前になると1万円余るか余らない程度。(大体残ってない)
生活費が15万円でもパートの時よりはかなり楽でしたし、何よりもパート時代の生活に慣れていたので苦労よりも余裕ができていました。
結果、長続きしたのだと思っています。

貯蓄計画を立てる

源泉徴収票をもらったら即翌年の貯蓄計画を立てることを徹底していました。
その時のルールは源泉徴収票の額面の20%を貯蓄に回すという計画です。
実際の手取りは額面よりさらに低いので実質手取り20%以上の貯蓄をする計画です。
立てた計画通りに銀行の自動定期積立を利用してすぐに使えない環境を整えました。

仮に額面500万であれば100万の貯金をするわけですが、500万の手取りは大体380万~400万といったところです。(賞与によって変わってきます)
仮に400万であれば貯蓄率25%ということになります。
ですが月15万で生活費を固定している私にとっては、年間200万あれば事足りてしまうので実際はそれ以上に貯蓄していました。

毎月貯金が貯まっていくことが楽しくて毎月インターネットバンキングで金額を調べる馬鹿になっていました。

資産を投資に回す

始めは証券口座を作ったことがきっかけ。
勤めている会社で持株会が発足されたのをきっかけに持株会に入会し月5万円ずつの拠出。
同時に企業型DC(企業型確定拠出年金)にも月2.5万円の拠出を始めたのが投資のきっかけとなりました。
優待目的でマクドナルドや吉野家の株を買い始めました。
ちょうどそのころアベノミクスで買った株がどんどん値上がりしていくの見て喜び、株主優待券がもらえるのがうれしくて会社の業績とか調べずにインターネット上でおすすめ株主優待を買いあさってました。
そしたらマクドナルドの腐った肉事件でマクドナルドの株が暴落、吉野家はすき家の大頭&海外進出失敗による暴落で、株を買うことに意気消沈。そして損切り。(購入した金額よりも安い金額で株を売ること)
失敗はしましたが企業の業績などを事前に調べることが今のベースとなっています。

ですが、ありがたいことに自社株が購入初期から一時期最大10倍まで膨れ上がったこともあり資産が大きく増大。
東日本大震災やコロナの影響を含めても含み益があるので今も継続して自社株買いを行っています。

今はさすがに決算や中期経営計画などをチェックして買っています。

昇給昇進

極めつけはやはり昇給昇進。
私は30歳で新入社員となっていることもあり、新卒の人たちにどうしても引け目を感じていました。
だから会社が求めてくる目標を確実にクリアしつつ、業務改善提案や必要な資格を漏れなく取得していると結果的に給与が上がっていきました。
毎年年間50万~100万くらいのペースで昇給したため、新入社員の頃の400万から5年後には700万程度まで年収が上がりました。(がむしゃらに働いていたので結局40歳で倒れましたが・・・)

この点については上司と部下に恵まれたこと、運が大きな要因です。
今も思っていますが結果を出すには上司の助言と部下の活躍が必ず必要だからです。
その結果が昇給昇進につながったのだと思います。
私はここが一番のポイントだと思っています。人に恵まれるのは大切です。
ただ弊害もあり、休みの日も仕事のことを考えていましたし、口から出ることは仕事のことばかり。
仕事が楽しかったのもありますが、今はもっと仕事以外も楽しめばよかったと思っています。

まとめ

やっぱり人的資本が最強ということです。

・QOLを上げなかった
 収入が上がっても、生活の質や生活費を維持したことで貯金のスピードが一気に上がった。
・貯蓄計画を立てる
 立てた計画に沿って、自動積立定期預金を利用し強制的にお金が貯まる環境を作った。
・資産を投資に回す
 証券口座を作ったのをきっかけに自社株買い、企業型DC、他社の株を買うなど、今の投資のベースを作るきっかけになった。アベノミクス万歳でした。
・昇給昇進する
 会社員として一番収入を増やす方法です。求められた結果を残し、上司の結果にもつながり、部下の結果にもつなげることができれば必然的に昇進できます。
 昇進すれば当然給与も上がってくるので、ここが飛躍的に資産を増やした要因だと思っています。
仕事に忙殺されていたのであまり預金を見ていなかったのですが、気付けば資産が2,000万になっていました。

これが私が5年間で2,000万まで貯めた経緯です。

ありがたいことに勤めている会社(日本企業)は年功序列ではなく成果主義という点が強いため、結果として昇給昇進につながりました。
この点については参考になるかわかりませんが、書き残しておきます。

会社員でもやればできる!

12月推薦図書

11月を終えたので、12月の推薦図書を公開したいと思います。
11月はバタバタしていたので(ゲーム含む)あまり読書できていませんが、
少ないですがおすすめの図書を紹介していきます。

・貯金体質がない人に超おすすめです。
・漫画ベースで書いてあるのでとにかく読みやすい。
・この本を実行することで貯金体質に絶対なります。

・お金の使い方で幸せになる方法を説いてくれています。
・お金があるだけでは幸せになれないということも教えてくれます。
・お金の使い方を考えさせてくれる良書です。

・インデックス投資がいかに優れているかはご存知の通り。
・そのインデックス投資のデータを集めているので非常にわかりやすい。
・何よりも著者が自分の意見だけを信じなくて良いと言っているあたりがいい。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFP3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました