億り人.comたろうの資産運用方法②

投資

最近筋トレサボってました。
再び始めたら早速筋肉痛です。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

億り人.comたろうの資産運用方法②

 

前回同様、「配当金・分配金目的の運用」について質問があったので、たろうが実践している運用方法をお話ししたいと思います。

結論

3種類に分けて分散投資は毎月実施しています。

①日本個別株投資
②米国個別株投資
③米国ETF投資

上記の3つで運用しています。

理由

いくつか理由があります。

①普段の生活の質を上げるために使える小遣いとして行っている。
②日本円だけではリスクがあるので米ドルでもリスク分散として投資をしている。

現時点で年間20万程度の配当金及び分配金をもらっていますが、これは基本的に生活費に充てたり、お小遣いにしています。
欲しいものがない場合は、再投資したりして自由に使っても良いお金の認識です。
年間の光熱費とスマホ代は配当金で賄っている状態です。

投資信託だけだとどうしても貯めるだけになりがちなので、生活がさみしくなってしまうためにこのように、「老後資金用投資」と「生活の質向上用投資」に分けて投資をしています。

将来的には日本円を2/3、米ドルを1/3くらいの割合にしたいと考えています。

①日本個別株投資

日本個別株投資にいくつかルールを決めて投資をしています。

①20種類に分散する(もっと分散してたけど管理しきれなくなった)
②景気敏感株とディフェンシブ株をバランスよく持つ。(現在は1:1)
③株すべてを合わせて最低配当利回り3.75%を維持(現在4%以上)
④買い増す時は必ずファンダメンタルズ分析を実施(当たり前)
⑤株主還元意識が高い会社(累積配当もしくは増配当)に投資

①20種類に分散する ②景気敏感株とディフェンシブ株をバランスよく持つ

たろうが所持している20種類を公開します。

1/8現在の配当利回りです。

仮に各銘柄を1万円ずつ購入すれば3.8%の配当金がもらえます。
あとは安い時に仕込む流れです。当然景気敏感株に10万仕込んだら、ディフェンシブ株にも10万仕込み偏らないように気を付けています。株価が上がれば配当利回りが上がっていくので徐々に配当利回りを上げていくことがが可能です。

景気敏感株とディフェンシブ株の過去記事はこちら↓

【知っておこう】景気敏感株・ディフェンシブ株とは
個別株を買う前に知っておいた方が良い知識です。知らないと思わぬところで大損をしてしまったり、思ったように好景気の波に乗れなかったりします。この機会にセクターの基本を学んでみてはいかがでしょうか。

③株すべてを合わせて最低配当利回り3.75%を維持

理由は単純、配当金には20.315%の税金が掛かります。岸田政権の流れで更に税金が上がりそうですが・・・。

単純に2割ほど税金で持っていかれてしまうため、3%は配当金を確保するためです。
もうこれだけ。

④買い増す時は必ずファンダメンタルズ分析を実施

たろうが買い増す時は基本的に株価が下がっている時が多いです。そういう時は何かがあるため、会社の業績やニュースなどをチェックして自分が納得した上で買い増しを実施しています。

知らない人に大切なお金を預けることなんてできないですよね。だからちゃんと調べるんです。

個別株投資にチェックする項目に関する記事↓

【個別株投資】チェックする指標8選
個別株投資をしたい人向けの記事です。どの指標をチェックすればよいか私の目線で説明しています。投資信託やETFだけでなく個別株投資もやってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

こちらを参考にしてください。

⑤株主還元意識が高い会社(累積配当もしくは増配当)に投資

株主還元意識が高い会社ってどうやって調べるの?っていう方は、まずその会社のHPに行き、中期経営計画を読みましょう。合わせて決算書を読むと良いです。それだけでわかります。もしこれが面倒だと思う人は個別株投資はやめた方がいいと思います。

参考になりそうな記事は下記の記事です↓

【高配当】おすすめ通信株2つ
今回はたろうも購入しているおすすめ通信系高配当株をご紹介します。景気に左右されない株なので長期間持つことで配当金を得ることができますね。ありがたやーありがたやー。

②米国個別株投資

日本個別株同様に現在購入している米国個別株を公開します。

1/8時点の配当利回りです。
これを見てピンっ!ときた方はすごいと思います。

バフェット太郎さんのポートフォリオそのままです(ぇ

一度真似をして何がどうなのか実験中です。
現段階で分かっているのは、すべてが値上がりして値上がり益が出ている点です。私は先月購入したのですがすでに5%は上がっています。

というわけで米国個別株の購入ルールは今のところありません。

期待していた方、すみません。

何か大きな成果や見えてきたことがあれば記事にしていきます。

③米国ETF投資

これも晒します。

HDV
SDY
SPYD
VIG
VYM

上記の5つを毎月積み立てています。

積み立てている理由は下記の記事をご覧ください↓

【おすすめ米国ETF】高配当・増配当5銘柄。
米国高配当&増配当ETFに興味があるけど、何を買えばいいかわからない人に向けておすすめ5つをご案内。どれも間違いなくおすすめですので検討の際の材料にしてください。

この5つは高配当と呼べないものもありますが、値下がることがほぼありません。そのくらい構成銘柄が良いです。少しずつ積み立てていくだけで、売却益も狙えますし、育てていれば高額の配当金になっていきます。

たろうの持っているHDV、SPYD、VYMはすでに評価格が10%以上に伸びています。育て甲斐のあるETF達です。

たろうはSBI証券で毎月積み立てています。

まとめ

一番楽なのは米国ETF投資です。
間違いありません。

ですが米国からの分配金と配当金はまず米国で10%税金がかかり、更に日本で20.315%の税金がかかります。確定申告で取り戻すこともできますがちょっと面倒だと思う方は考えた方が良いと思います。

日本個別株、米国個別株の配当金投資は勉強や調べる根気強さが必要です。調べるのが楽しい人にとっては全然苦じゃないと思います。

ちょこちょこ株を買い増して配当金がもらえた時は本当にうれしいものです。
本当の意味での「不労所得」ですよね。

 

1月推薦図書

いつも通り12月に読んだ本でおすすめの図書のご紹介です。

・超簡単に読めるし、理解しやすい。
・誰でも実践できるし実用的。
・1時間で読めるレベルの初心者へおすすめの一冊。

・敗者のゲーム、ウォール街のランダムウォーカーを書いた二人の合作。
・貯蓄から分散、シンプルなのにリバランスまで網羅している。
・これ1冊あれば負けない投資ができると思う。

・少し古いけど全世界投資の有用性を示してくれる。
・本当にズボラ、一度決めたら放置するスタイル。
・初心者におすすめして実践してほしい1冊。

・少し難しいけど、米国株個別株投資をする上で必要な知識が手に入る。
・個別株を一つずつ歴史を通してリー単まで説明しているすごい本。
・たろうはこれで米国株投資を再び始めました。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました