【ふるさと納税】一番のおすすめサイト

楽天

毛生え薬が残り少ない。
注文したけど海外輸入品だから間に合うか不安。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【ふるさと納税】一番のおすすめサイト

 

もうそろそろ今年の年収の目安がわかってくる頃だと思います。
見込み年収がわかればふるさと納税の限度額も分かるようになるので、今回はおすすめのふるさと納税のサイトを紹介します。

結論

楽天ふるさと納税が一番のおすすめ。
理由はふるさと納税にかかる自己負担金の2,000円を楽天ポイントで補えてしまうため。
これを読めば皆さんふるさと納税が行えるようになります。
まずはふるさと納税について解説します。

楽天市場

ふるさと納税とは


ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度。

寄付金のうち2,000円は自己負担金です。
2,000円を超えるふるさと納税金額については所得税の還付、翌年の6月から翌々年の5月まで住民税の控除が受けられます。
自分自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税はいわゆる所得税と住民税の前払いです。(節税とは異なります)

例えば、20,000円を自治体Aに寄付を行い、返礼品(仮にお肉5キロ)を申請。
10,000円を自治体Bに寄付を寄付を行い返礼品(ビール1ダース)を申請した場合。

申請金額30,000円
自己負担金額2,000円
還付・控除金額28,000円
※還付は所得税から、控除は翌年6月~翌々年5月までの住民税
30,000円のうち自己負担金2,000円を除いた28,000円が所得税からの還付、翌年6月から翌々年5月までの住民税から控除されます。
※確定申告かワンストップ特例制度どちらかで還付、控除のされ方が異なるため、別途下記で説明します。
返礼品は国で金額の30%未満までと定められているため10,000円で約3,000円程度の返礼品がもらえることになります。
上記のケースであれば、
20,000円の30%の6,000円分の返礼品
10,000円の30%の3,000円分の返礼品
がもらえ、28,000円分の所得税の還付と住民税が控除されます。

実質2,000円の支払いで9,000円分の買い物ができてしまうというわけです。
ふるさと納税は先に寄付をすることで来年度以降の税金が安くなるシステムだということを理解してもらえれば良いです。

ふるさと納税には限度額がある

上記の話を聞くと「税金がなくなるまでやっちゃえー!」となりそうですが、そうもいきません。
所得額や家族構成によって寄付できる金額に限度があります。
限度額以上寄付しても所得税の還付や住民税の控除を受けることができないので注意しましょう。

ふるさと納税の限度額の調べ方

限度額を自分で計算するのは非常に大変です。
各ふるさと納税サイトでは限度額をシュミレーションしてくれるツールがあるのでそれを利用しましょう。
例えば今回は楽天の簡単シュミレーターを使ってシュミレーションを行ってみます。
楽天:簡単シュミレーター
例:夫 年収500万 妻 年収400万 既婚 共働き 子供なし
上記の例でシュミレーションしてみます
まず夫
出典:楽天市場
次は妻
出典:楽天市場
夫で6.3万円、妻で4.3万円。
夫婦で10.6万円のふるさと納税ができることがわかります。
ただ気を付けてほしい点があります。
最初からギリギリを攻めるのはやめましょう。
ひょっとすると予定よりも収入が下がる恐れがあるためです。

ギリギリを攻めるのは源泉徴収票が発行されてからです。
楽天市場には詳細版シュミレーターがあり、源泉徴収票を手元にして入力して更に詳細な寄付上限額を調べることができます。

楽天:詳細版シュミレーター
源泉徴収票が年末に発行されたら即実施ししてみましょう。

出典:楽天市場

このように源泉徴収票が発行され次第調べると詳細な使える寄付額と控除額・還付額がわかるようになります。
年の途中でふるさと納税を行う場合は、見積年収よりも低く見積もってふるさと納税を行い、残っている寄付金額を源泉徴収票が発行されてから行うようにすれば失敗が少なくて済みます。
(過去にたろうは誤って上限額を超えて寄付した経験があります。悪いことじゃないんだけど損した気がしました)

ワンストップ特例制度と確定申告制度

ふるさと納税には2種類の制度があります。
ワンストップ特例制度と確定申告制度です。

ワンストップ特例制度

非常に楽な方法です。寄付した自治体から送られてきた申請用紙に記入し、各自治体に返送するだけでOK。
ただしワンストップ特例制度は使える人が限られています。
ポイントは以下の通りです。

・1年間の寄付先が5自治体以下
・ほかに確定申告する必要がない
・年の途中で引越しをした場合、翌年の1月10日までに、変更届出書を寄付先の各自治体へ提出する必要がある
寄付をした翌年の1月10日必着で、申請書と必要書類を郵送にて各自治体に提出
・所得税の還付はなく、翌年6月から翌々年の5月までの住民税から控除(住民税の減額)

この条件に当てはまる人しか利用することができません。
ですが確定申告(めんどくさい)をしなくてもよいメリットがあります。

確定申告制度

確定申告をしなければならない人は確定申告と一緒にふるさと納税の申告が行えます。
例えば
・年収2,000万円以上の会社員
・会社以外に収入のある人(配当収入や家賃収入など)
こちらもポイントをまとめてみます。

1年間に6自治体以上ふるさと納税した方は確定申告が必要(自治体数に制限がない)
・確定申告の書類を自分で作成し、管轄の税務署に書類を送付する必要がある。
・条件によっては電子申告(e-taxのこと、非常に楽)のみで済む場合がある。
例えば年末調整を行い、あとはふるさと納税の申告のみの場合など(これも非常に楽)
医療費控除や雑所得、配当金所得などがあると書類作成しないといけない。
確定申告の期限は3月15日までなので準備期間に余裕がある。(今年はコロナで延長されましたね)
・確定申告の場合は所得税の還付と翌年の6月から翌々年の5月までの住民税の控除。(住民税の減税)

自分がどちらに当てはまるかしっかり把握しておきましょう。

ふるさと納税するおすすめ返礼品

ふるさと納税で人気があるのは、米や肉などの食品やティッシュなどの日用品が特に人気。
ふるさと納税を使うことで生活費を抑えることができるからですね。
たろう家も普段生活に使う食品や日用品にふるさと納税を利用し、投資にお金を回したり、翌年の旅行代などにあてています。
酒、米、酒、酒、酒、トイレットペーパー、酒、ティッシュ、酒、酒、酒・・・

何故一番楽天ふるさと納税が良いのか

理由は楽天市場のキャンペーンを上手に使えば、自己負担金の2,000円以上のポイントがもらえるため。

楽天市場で買い物すると税込み100円に付き1ポイントもらえます。(1倍=1%)
SPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用すれば100円に付き2ポイントや3ポイントと上がっていくお得な仕組みがあります。
「楽天経済圏」と言って楽天のサービスを上手に利用しポイントを貯めて食費代などにあてている方々が多いです。たろうもその一人です。

↓楽天経済圏をまとめた記事です↓

【最強のポイ活】楽天経済圏。メリットと始め方と順番。
楽天経済圏の始め方とその順番。必要なリンクなどもすべて準備しているので、上から順に進めてください。そうすればもう立派な楽天経済圏利用者になれます。

たろうの通常のSUPは8倍です。いつ買い物しても100円に付き8ポイントもらえる状態です。
中身は以下の通りです。

・楽天市場で買い物 1倍(これは買い物する人は誰でも1倍です)
・楽天モバイル利用 1倍
・楽天プレミアムカード 4倍
・楽天銀行+楽天カードの連結 1倍
・楽天証券の利用 1倍

これで普段から8倍になっています。

これにさらにキャンペーンの合わせ技です。

・楽天お買い物マラソン・楽天スーパーSALE エントリー要(1店舗税込み1,000円以上購入、2店舗目以降でさらに1倍、最大10店舗で9倍まで)
※昨年は9月後半に開催されたので要確認
・0と5のつく日に購入 エントリー要 2倍
・楽天市場アプリ利用 0.5倍
・楽天ブックス1,000以上購入 0.5倍
・楽天Kobo(電子書籍)1,000以上購入 0.5倍
・モッピーアプリ経由で購入 1倍

これで21倍になります。100円に付き21.5ポイント付与されます。
たろうは漫画も好きですし、書籍も月に2~4冊程度読んでいるのでブックスとKoboは特に重宝しています。

楽天ふるさと納税は1自治体が楽天お買い物マラソン・楽天スーパーSALEの1店舗としてカウントされます。上記に適用されるのでお得にふるさと納税ができることが最大の利点です。

例えばふるさと納税20,000円と他店舗で1,000円ずつ購入するとこうなります。

1店舗目 20,000円(ふるさと納税)
2~10店舗目 1,000円(自分の好きな店舗)
計29,000円付与されるポイントは6,235ポイントです。軽く自己負担金の2,000円をカバーしてくれます。(各種キャンペーンには上限ポイントがあります)
また楽天カードは利用100円に付き1倍のポイントが付与されます。よって実際は更にポイントが付与されています。
たろう家の食費と日用品は楽天ポイントとふるさと納税に支えられています。
楽天ペイアプリでポイントが使えるスーパーやドラッグストアで買い物をしています。楽天マラソン中のたろうの楽天アプリの画面はこのようになっています。
18.5倍となっていますが、これは0と5のつく日のキャンペーンじゃない日にキャプチャしたのと、モッピーを経由していないためです。
びっくりするほどにポイントが貯まるので本当におすすめです。

まとめ

・楽天ふるさと納税はポイントが貯まりやすく自己負担金を上回るためお得。
・ふるさと納税は節税ではない。しかし!いずれ支払う所得税と翌年6月~5月までの住民税の前払い+返礼品も貰えるため、結果 生活が潤う。
・ふるさと納税には限度額があるためシュミレーターを必ず利用しよう。
・源泉徴収票をもらったら詳細シュミレーターを使って残りいくら寄付できるか確認をしよう。
・ワンストップ特例制度は5つの自治体まで。それ以上は確定申告が必要。
・おすすめ返礼品は食品と日用品。浮いたお金で浪費するもよし、投資するもよし。
・楽天市場のSPUとキャンペーン、モッピーを上手に活用してポイントがっつり稼ごう。
最近はPayPay経済圏が楽天経済圏を猛追していますが、まだ楽天経済圏の方が断然優位です。
もし逆転するようなことがあればまた記事にしますね。
みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました