スマホをおすすめ格安SIMに比較して変えて固定費改善。楽天モバイル+mineo

節約節税

「あぁそれね知ってる知ってる」って思った人。多分大手キャリアでしょ?
わかってはいるものの中々重い腰があがらないよね。わかります。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

スマホをおすすめ格安SIMに比較して変えて固定費改善。楽天モバイル+mineo

 

私の友人たちを見渡してもまだ大手キャリアの高いプランを利用してる人がいますね。
大体月に1万円くらい。
変更しないの?と聞いたら面倒とかちょっと不安とかそれなりに理由はあるみたい。
でも劇的に固定費が削減できたのでこの記事を見てほしいです。

結論

現状の最適解は楽天モバイル+mineoの組み合わせ

理由は楽天モバイルとmineoの特徴を利用した組み合わせが使い勝手が良いからです。

通信業界の現状(スマートフォン)

2021年6月の情報ですがそれぞれのシェア率は大手キャリアが71%、格安SIMが29%といった感じ。
まだまだ大手キャリアを利用している人が多いですね。今はもう少し格安SIMが巻き返しているのではないでしょうか。
皆さんはスマートフォン代に月いくらかけていますでしょうか?
たろう家では格安SIMに変えるまでは夫婦で月額1.8万円。年額で21.6万円(本体代分割込み)支払っていました。
今はというと楽天モバイル1年無料キャンペーン中に変更したので無料です。
いくら電話しても無料。いくら動画見ても無料。来年の1月まで続きます。
馬鹿げた金額払っていたなぁと今なら思います。
今回はここを見直して、生活防衛資金を貯めたり、投資の種を作るようにしていきましょう。

大手キャリアと格安SIMの価格帯について

とりあえず一覧を見てどれだけ価格帯が違うのか見てみてください。
半年ほど前の情報で申し訳ないのですが・・・。データ通信料によって金額が異なりますね。
私の言っている大手キャリアはdocomo、au、Softbankの3社です。
他は金額帯から見ても格安SIMの部類に入ると思います。

出典:価格.com

さすがに大手3キャリアの金額の高さが目立ちますね。
ただ大手3キャリアは日本全国と言っていいほどネット網を網羅していますし、安定しているのが最もの強みです。
離れ小島や田舎だとまだ格安SIMが使えない地域があることは否めません。
ですがここ最近楽天モバイルをはじめ格安SIMのネット網も広がってきています。
楽天モバイルに至っては2021年8月中に全国で使えるようにすると公言していましたしね。
じゃぁ見てみましょう。

出典:公式楽天モバイル

うん、だいぶ進みましたがまだ網羅とは言い難いですがほぼ網羅できています。
都心、地方都市は問題なく使えるといったところでしょうか。
まだまだ楽天の決算を見ていると広げる予定にしているようですので期待したいところですね。

話題がそれましたが、大手3キャリアと格安SIMの金額の差はさすがにわかったと思います。

たろうの考える現在の最適解

結論から言えば私の考える現状の最適解は

楽天モバイル+mineoの組み合わせ
・月額1,265(税込み)
・通話し放題(楽天linkアプリが使える)
・高速通信2GB
・中速通信し放題(実質は1.5Mbpsm、3日間10GB(実質月間100GB))問題なくYouTubeが見れる程度です。

何故これが実現できるかというと、1GBまでなら0円で持つことができるからですね。

出典:公式楽天モバイル

要は楽天モバイルは電話利用しかしないということです。ネットを使わなければずっと無料。
嗚呼すばらしい。
これが一つ目の肝。

お次はmineo

出典:公式mineo

ベースとして契約するのはシングルタイプの1GB。880円
そして今回の肝2つ目のパケット放題Plus385円を契約。
このパケット放題は3日間ごとに10ギガまで使えます。
1か月だと100ギガ使えることになります。
これで1,265円の楽天モバイルの無料通話&mineoのパケットし放題が完成です。

ちなみにmineoの評価はこんな感じですね。
出典:公式mineo

ほぼ90%以上の人が満足しているレベル。
理由はmineoの通信網は大手キャリアの通信網を利用しているからです。そりゃ安定しているよね。
ちなみに楽天モバイルの通信速度は1.0Mbpsですが、たろうは全く問題ないと思っています。
それの1.5倍の速度だなんて、嗚呼もう感激レベルです。

ちなみに楽天モバイルとmineoは解約手数料がかからないので、
試してから変更することもありですよ。

実践する上での準備

方法は2種類あります。

・デュアルSIM対応端末を利用する
SIMカードが2つ入るスマホ端末のことです。
楽天のSIMとmineoのSIMをそれぞれ入れて設定すればOK。
・スマホ端末2つ使う
通話用の端末(楽天モバイル用端末)
ネット用の端末(mineo用端末)
2台持ちというのはデメリットですが、
家に使わない端末がある方は利用することで無駄な費用が掛かりません。
たろう家は後者になりそうです。
ちょうどiPhone13がデュアルSIM対応になったのでiPhoneでも可能になりましたね。

節約できる金額

大手キャリアを使っている人であれば年間1台に付き10万円ほどの節約になります。
大手キャリアの格安プラン(ahamoなど)を使っている人であれば年間1台に付き2万円弱の節約。
冒頭にお伝えした通りまだ70%近くの人は大手キャリアの通常プランを使っていることを考えると、節約できる金額はとても大きいと思います。

意外と困らない?

たろうはSoftbankユーザーだったのですが、海外から戻ってきてから格安SIMに変更しました。
(海外にいる間ずっと9,000円払ってました・・・手続き忘れ)
確かに大手キャリアと比べると少し不便になった点もあることは間違いないです。
ただ気にならない程度です。
お昼時にちょっと遅いかな?とか仕事終わりの時間帯にちょっと遅いかな?程度です。
ただスマホでオンラインゲームを延々とされるヘビーユーザーにはおすすめできません。
3日間10GB使えるもののそれ以上使うと制限がかかるため、ゲームができなくなる可能性があります。
ちなみに10GBはYouTube20時間見れるくらいのボリュームです。
個人的にはあんまり困らないんじゃないかと思っています。
むしろ節約金額がすごすぎてありがたい限りです。

楽天モバイルに変更する前に必ず、
住んでいる地域が楽天モバイル回線エリアに入っているか確認してください。

回線エリア外だと結局お金がかかってしまいます

まとめ

・現在のスマホ使用料金を年額で算出してみる。
・金額一覧を見て、金額の違いを比較してみる。
・楽天モバイルの回線エリアの確認をする。
・楽天モバイルとmineoの併用プランを検討する。
・デュアルSIM対応端末の人は速攻でGO!
・2台持ちでも構わない人も速攻でGO!

知ってて損は全くありません。
たろう家では1月あたりに楽天モバイルとmineoの組み合わせを行う予定ですので、その時皆さんにお知らせしたいと思います。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました