【重要】インフレは物価の価値が上がるだけ?

投資

ようやく2022年の生活費の目途がつきました。
毎年の恒例行事ですが時間がかかりますね。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【インフレ】紙幣の価値が下がる

 

最近インフレだインフレだ!と騒いでいる情報をよく耳にしますよね。
正常なインフレであればよいのですが、
今回のインフレはただのインフレではないですね。
それを踏まえてインフレについてお勉強していきましょう。

そもそもインフレとは何?

一般的には「モノの値段が上がる」と認識されていますよね。
たろう的にはこの考え方ではなく「紙幣の価値が下がる」と認識してほしいと思っています。
これが正しい認識だと思います。

紙幣の価値が下がると認識する理由とは

世界的に考えた時にデフレであることが異常な事態であることなんですよね。理由は単純、世界的には常にインフレが起こっているためです。そのため世界ではインフレ=「紙幣の価値が下がる」という認識です。
日本人はデフレに慣れ過ぎているため、「モノの値段が上がる」という認識になってしまっています。この考え方が異常だと考えるほうが世界的に見た時に常識的だと考えられるためです。

今一度インフレの認識を改めてみてはどうでしょうか。

インフレになるとどうなるの?

「本来」のインフレであれば、物価が上がり、給与も上がるため、市場が活発になるため適度なインフレ(年2%くらい)は経済としては良いと言われています。
また紙幣の価値が下がるため、輸出業を生業としているグローバル企業は海外の売り上げが上がるためグローバル企業にとっては円換算した時に売り上げが伸びることも一つ良いことだとも言えそうです。

一方で輸入品は逆のことが起こるため、高くなってしまい私たち生活者にとってはデメリットと言えます。

急激なインフレやデフレは経済に悪影響を起こすため、日本の中央銀行である日銀が金利操作を行います。
今まではデフレでしたので金利を引き下げて、お金の流動性を高めて経済を回すことに力を入れていますね。ということはインフレの場合は逆です。金利を引き上げて需要を引き下げ急激なインフレを抑え、金利を上げることで利息を上げる手段を講じることになってきます。

スタグフレーション

今日本で起こっているのは「本来の」インフレではなく、「スタグフレーション」と呼ばれるものです。

スタグフレーションとは「紙幣の価値が下がり」「給与が上がらない」この2つが揃ったスパイラルことを指します。今はそれに加えコロナの影響で「給与が下がっている」という最悪な状態とも言えます。

2021年物価上昇率

・ガソリン 58%
・レンタカー 37%
・中古車 31%
・ホテル 26%
・ステーキ 25%
・水道光熱費 25%
・ベーコン 21%
・豚肉 17%
・家具 12%
・魚 11%
・新車 11%
・鶏肉 9%
・自転車 9%
・卵 8%
・コーヒー 7.5%
・リンゴ 7%
・小麦粉 6%
・家賃 3.5%

皆さんの給与上昇率はこの上昇に追いついていますでしょうか?
一般的には追いついていないと思います。

インフレへの対応策は?

対応策は基本的に3つ。

・株式、ETF、投資信託への投資
・外貨の所持
・金、プラチナなどコモディティへの投資

理由は単純。
価値の下がっている紙幣ではなく、それ以外の価値のあるものに変えておくことが大切だからです。背景にはインフレが起こると企業の活動が活発になり、株価が上がる傾向があるためです。

対策を知ることができなければ、対応のしようもないですよね。
この機会に現金のみで貯蓄されている方は対策を取った方が良いのかもしれませんね。対策をするリスクももちろんありますが、対策をしないリスクももちろんあります。

2022年はどうなるの?

あくまでたろうの個人的な予測ですが、更に厳しいスタグフレーションは加速すると思っています。

この背景には原油高が継続しているという点に加え、サプライチェーンにボトルネックがあります。産油国は原油の増産をしないと明言したことに加え、原油を元に利益をコントロールできる立場になっています。またサプライチェーンに関してはこの原油高による輸送コストがさらに上昇します。

エンドユーザーの私たちのところにモノが来る頃には売価に反映されていることでしょう。また企業はサプライチェーンの影響を受け、思い通りに利益を稼ぐことができないと思われます。結果、社員たちの給与は上がらずといったところでしょうか。

まとめ

このインフレ&スタグフレーションは一時的ではないということを理解してもらって、そのための対策を取ることが大切かなと思っています。

厳しい言い方をすると、何も手を打たない人は淘汰される側になり、日本の経済格差の下側に回るのかなと思っています。逆を言えば適正なリスクを取りながら、対策を行う人はそれだけで淘汰される側ではなく自然と経済格差の下側に回ることはないと思います。

この機会に自分にとっての適正なリスクを考えてみてはいかがでしょうか。

12月推薦図書

11月を終えたので、12月の推薦図書を公開したいと思います。
11月はバタバタしていたので(ゲーム含む)あまり読書できていませんが、
少ないですがおすすめの図書を紹介していきます。

・貯金体質がない人に超おすすめです。
・漫画ベースで書いてあるのでとにかく読みやすい。
・この本を実行することで貯金体質に絶対なります。

・お金の使い方で幸せになる方法を説いてくれています。
・お金があるだけでは幸せになれないということも教えてくれます。
・お金の使い方を考えさせてくれる良書です。

・インデックス投資がいかに優れているかはご存知の通り。
・そのインデックス投資のデータを集めているので非常にわかりやすい。
・何よりも著者が自分の意見だけを信じなくて良いと言っているあたりがいい。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFP3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました