【家計簿】おすすめアプリで簡単に家計の健康診断

節約節税

家計簿って続かんよねー。
と思ってる方、これなら続きますよ。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへ投資ブログランキングに参加中。
応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

【家計簿】おすすめアプリで簡単に家計の健康診断

 

結論

小金持ちになるために一番最初にすることは家計の把握です。
なぜなら貯金をするにも投資をするにも、家計を把握して資金を生み出す必要があるからです。

各家庭で家計簿をつけているところも多いのではないでしょうか。
でも意外と続かないのが家計簿の難しいところ。
家計が把握できれば固定費や変動費の見直しもしやすくなります。
このステップを簡単に乗り越えていきましょう。
ポイントはざっくりでいいので把握することです。

貯金のルール

貯金のルールは貯金額を決めてから支出をコントロールすること。
決して支出後の残りを貯金にするのではないことを頭に叩き込みましょう。
給与ー支出=貯金 ×
給与ー貯金=支出 〇
急な出費のために少しずつ急な出費専用に貯めておくのも一つの手です。
ですが先月たろう家でも230万の急な出費がありコントロールできず大失敗。
皆さんはそのようにならないようにしっかりコントロールしてください。

たろう家の家計簿おすすめアプリ(マネーフォワードME)

たろう家ではマネーフォワードMEという家計簿アプリを夫婦間で利用しています。
お金の流れを見える化することで使いすぎの点や家族で使っている金額を把握できるようにしています。

以下はマネーフォワードMEの設定です。

アカウントの作成・集計日の設定


アカウントはアプリを取得するときに必要事項を入力するだけでOK。
たろう家では家計簿の集計期間は毎月1日を基準にしています。人によっては給料日に設定してもよいかもしれませんね。集計期間の設定は赤矢印のところから行えます。
アンドロイドのスマホトップ画面だとこのような画面で表示されます。
総資産額、今月の家計簿、今月の予算とざっくりですが一目でわかるようになります。
(今月はたろうの給付金が入金されていないので収入が少ないですね・・・)

銀行口座・金融関連サービスを連携 金融機関から取得した入出金情報を確認


次は赤矢印を使って口座を連動させましょう。
口座を連動させることで銀行口座の金額やクレジットカードの使用金額、証券口座の金額も把握できるようになります。
ポイントは普段使っている金融関連の銀行口座、クレジット、証券口座、iDeCo、企業型DC(企業型確定拠出年金)などすべて登録することです。
ただし無料版だと最大10項目までしか登録できません。1度使用してみて有用だと感じた方は年間5,500円(月額だと500円)で項目をいくつでも追加することができます。しかも情報更新が早いです。

もう1点重要な点は夫婦の財布の現金管理項目を作ること。これをしておくことで財布の中身も把握することができます。
財布を連動させるポイントは夫婦の財布を夫婦別々の口座と連動させること。
たとえばたろうの銀行から降ろしたらたろうの財布へ、はなこの銀行から降ろしたらはなこの財布へ連動させると自動的に反映されて便利です。
ただし現金を使ったときは自動的に反映されないため必ず手入力で使った金額を入力しましょう。

自動作成された家計簿で「何にいくらかかっているのか」を把握

連携ができた時点でトップ画面を見ることで総資産、収入、支出を確認することができるようになります。
この時点で一度ご自身の感覚と、実際の収入、支出を把握しましょう。
現実と感覚は意外とずれていることが多いです。

「未分類」を解消して、家計簿をカスタマイズ

マネーフォワードMEは使えば使うほど賢くなります。
マネーフォワードMEの使い始めはほとんどの項目が未分類に分類されてしまいます。

左端の?マークは未分類になっており、項目を自分自身で登録してあげる必要あります。
一度登録すると次回からは自動的に認識して分類をするようになるので使えば使うほど便利に手間が省けます。
(水道代とマクドナルドくらいわかってもいいもんだと思うんだけども・・・。)
入力は非常に簡単なので最初のうちは根気強く一つ一つ登録すればOKです。
ひと月もすれば上記のようにほぼ未分類はなくなるはずです。

口座間での資金移動は「振替」で二重計上を防ぐ

最後に気を付けてほしいのは初めて資金移動を行った際は二重計上されてしまう点です。
たとえばたろうの銀行からはなこの銀行へお金を1万円入金すると自動的に振替が行われていない場合があります。ほかにもクレジットカードから電子マネーへ入金したとき、ATMから財布に入金したときなどがそうです。
この時はプラスマイナスゼロになるので振替処理を行ってください。
通販なども似たようなが言えます。Amazonとクレジットカードを登録しているとAmazonで購入した金額が計上され、さらにクレジットの支払いも計上されてしまうことがあります。
ですがこの場合は支払いの二重計上のため、クレジット側を計算除外することで二重計上を防ぐことができます。
振替、計算対象操作は画面の赤矢印で行うことができます。

まずは家計の健康診断を行いましょう。
月々の予算を決めるのはそのあとで十分です。
次回は月次予算を設定をする内容をアップする予定です。

どこもかしこも緊急事態宣言。
外に出るのもはばかられますね。
以上、たろうでした。

みんなで小金持ちになろう!

にほんブログ村 投資ブログへ 応援お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました