企業型DC(企業型確定拠出年金)とiDeCo(イデコ)どっちがおすすめ?

投資

ライターってすごいよね。
どうやったらわかりやす文章が書けるのでしょうか。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

企業型DC(企業型確定拠出年金)とiDeCo(イデコ)どっちがおすすめ?

 

企業型DCとiDeCoって何がどう違うのかよくわからないよねって人多いと思う。
それぞれにメリットデメリットがあるので、よく考えて使いたいところです。
今回はそれぞれについて解説したいと思います。

企業型DC(企業型拠出年金)とは

会社が拠出する「掛金」が確定している企業年金制度。
従業員が運用の責任を負い、運用結果によって給付額(年金資産)が変動します。
企業型確定拠出年金とも呼ばれ、確定給付企業年金(DB)に次いで普及し、かつ利用が拡大している制度です。
なお、2012年1月からマッチング拠出制度が開始され、会社掛金に加えて、企業型DC加入者が自ら掛金を拠出することもできるようになり、企業年金に自助努力の側面も加わっています。

以前の日本の企業は確定給付企業年金(DB)が主流でした。いわゆる何もしなくても貰えていた退職金です。
実は退職金というのは企業が自ら従業員のためにお金を運用して退職金として支払われていました。
ですが昨今は企業にもそのような体力がくなってきているのが現状。
そのため入社時に企業型DCに入会してもらう企業や、年金代わりになる金額を給与に上乗せしている企業が出てきています。

つまり正しく運用しないと退職金代わりになるものはなくなるよって話。
年金代わりに上乗せされて給与をもらっている人は使ってしまっていると老後に不安になるよ。

合わせて読んでほしい

【iDeCo(イデコ)】おすすめ金融機関(証券会社)は?メリット・デメリットは?
iDeCoのことを少しでもわかってもらえる記事を作りました。おすすめ証券会社やメリットとデメリット。それぞれを解説。上手に使おう国の制度。

企業型DC(企業型確定拠出年金)とiDeCo(イデコ)どっちがお得?

で結局どっちがお得なんよ?って話ですよね。

結論

たろう的にはつみたてNISAとiDeCoの組み合わせで十分、この2つで老後資金を貯めることができるので無理に利用する必要はないと思っています。
ですが強制的に加入が義務付けられている企業もあるため、その場合はiDeCoを利用しなくても良いかもしれません。あくまでもかもです。

メリット

・掛金が全額所得控除になる。
仮に毎月1万円を拠出し、所得税10%、住民税10%の人は年間2.4万円の税金が減税になります。
・運用益が非課税。

通常、運用益に20.315%課税されますが、企業型DCは非課税で再投資されます。
この点はNISAと同じですね。
ですので企業型DCには定期預金タイプがありますが、運用益を最大化させるためには定期預金タイプはおすすめできません。
・受け取る時にも税制控除がある。かつ受け取り方にも「一括」と「年金」の2種類ある。
一括で受け取る場合、退職所得控除が利用できます。
退職所得控除とは以下の内容です。
勤続年数20年以下の場合 40万円×勤続年数 この額が80万円に満たない場合は80万円
勤続年数20年超の場合  800万円+70万円×(勤続年数 – 20年)

難しいので例を出しますね。
企業型DCで貯まったお金が1,500万、勤続年数25年の場合
800万+(70万×5年)=1,150万←これが所得控除されます。
つまり1,500万-1,150万=350万にしか税金が掛からないということです。
・年金として受け取る時、公的年金等控除を受けることができる。

計算式は以下の通りです。

出典:国税庁HP

これも難しいので例を出します。
公的年金収入金額(国民年金・厚生年金・iDeCoなど合わせた金額)が300万、且つ65歳以上の場合
300万(収入額)ー120万(控除額)=180万(税金が掛かる金額)

ぱっとみると一括でもらうほうが税金が少なくて良いように見えますが、年金として受け取った場合、まだ企業型DCに残っている資産は引き続き非課税で運用され続けています。

貰える年金額と企業型DCの運用額を天秤にかけて、一括で受け取るのか、年金で受け取るのかを考えましょう。

・iDeCoでは「初回手数料」「国民年金基金連合会」「信託銀行」への各手数料が必要でしたが、各手数料を会社が負担してくれる会社もあります。
長い期間預けるわけですので、この手数料代も馬鹿になりませんので恩恵に預かりましょう。

マッチング拠出

マッチング拠出というのは会社の掛金に加え、更に自ら掛金を拠出して拠出金を増額する制度です。
給与が高く、余裕がある会社員は利用している人が多いのではないでしょうか。
どの会社も採用しているわけではないので、この制度を利用しようと考えている方は人事、総務などに確認しましょう。

例えば会社は3万円出してくれて、自ら2万円掛金を加え、5万円運用するということです。

デメリット

・一番のデメリットは資金拘束されてしまうこと。
拠出した金額は原則60歳になるまで引き出すことができません。
なので企業型DCを強制していない会社の場合は企業型DCよりも、まずNISAを使うことをお勧めします。
・運用に失敗すると元本割れする。
受け取ろうと思ったときに暴落していると元本割れしている可能性があります。
その時は取り崩さず、貯金でしのぎ、最低でも元本程度にもどるまで待つことをお勧めします。
・運用会社は会社が提携しているため、運用会社を自分で選ぶことができない。
運用会社を選ぶことができないため、当然選択する銘柄も絞られてきます。
企業型DCを強制されない会社にお勤めの方は、事前に資料を読み込んで慎重に選んでください。

メリットともデメリットとも言えない特徴

・給与(給与前天引き)とみなされないため、所得税や住民税だけではなく社会保険料も控除の対象となる。
社会保険料が控除の対象となるため、税制メリットは大きく見えます。
しかし、社会保険料が減額されることでデメリットも生じてきます。
例えば、対象者が障害を負ったときに給付される金額が減額されたり、産休の間の給付金が減額される点はデメリットになります。
また社会保険の支払いが減る=厚生年金の支払い料も減るため、年金の減額にもつながります。
早い時期に企業型DCに加入し彫金運用し、上手に利益を確保することが求められます。

おすすめ銘柄の選び方

ここで紹介する銘柄選びはあくまでたろうが考えるもので、実践する場合は自己責任が伴うことをご了承ください。

・インデックス(パッシブ)ファンドを選択する。
アクティブファンドとインデックス(パッシブ)ファンドの2つが存在します

・インデックス(パッシブ)ファンド
とある指数に準じて運用を機械的に行うファンド。
ナスダックやTOPIXなどニュースで聞いたことがあるかと思います。
その指数と連動した運用をするファンドのことです。
機械的に行うため、信託報酬が低いのが特徴です。
・アクティブファンド
インデックスファンドで定められた指数よりも上回る成績を目指すファンド。
インデックスよりも上回ることを目的としているため、人員などが必要となり信託報酬が高いことがデメリット。
また過去の結果から長期運用を行った場合、アクティブファンドはインデックスファンドよりも成績が悪いことが多い。

出典:SPIVA日本スコアカード(2018年末版)(S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス)

長期運用にはアクティブファンドが不向きだということがわかります。

・信託報酬0.5%未満を選ぶ。
たろうの水準では0.3%未満ですが、企業型がDCの場合は選択肢がないことがあります。
複利が働くため、信託報酬が低ければ低いほど長期運用した際の利益は大きくなります。

・自身の年齢で購入商品を検討する
一般的に年齢で債権と株式の割合を合わせると良いと言われています。
例えば、40歳であれば債権40%株式60%という具合です。
年を取るごとにリスクを取ることが大きなリスクになるためです。
たろうはリスク取りすぎですが・・・。

たろうが利用している企業型DC

たろうの勤めている企業では野村證券さんと提携しています。
たろうが現在運用しているのは下記のファンドです。

年利6.52% 直近21.06%
リスクは大きいですが、どちらもかなり攻めたファンドです。
REITは不動産系のファンドです。
攻めたファンドと言っていますが、上記で伝えたようにインデックスファンドを選択しています。

スイッチングとリバランス

スイッチングとは、投資信託を買い換えること。
一度選択した商品を毎月積み立てていると、マイナスになったり、思った以上に利益が出なかったりすることがあります。その時に役立つのがスイッチングです。
そのままにしておくと、せっかくの積み立てが無意味になってしまうためスイッチングということが可能です。
そこで投資信託の利益相当分を売却して、別の銘柄を購入することにより、利益を確保することができます。

出典:りそな銀行

上記のように商品を入れ替えることで、利益が出やすい割合に変更することができます。

リバランスとは自身が考えている商品額配分を整えることを言います。
運用を続けていくと、掛金の配分と資産残高の配分少しずつずれてきます。
上記のたろうの例ではREITと新興国株式が52:48になっています。
たろうは50:50で運用したいと考えていますので、年に一度リバランスを行うように考えています。
下記は別の例ですがわかりやすかったので掲載します。

出典:りそな銀行

図にするとわかりやすいですね。

企業型DCに限った話ではありませんが、iDeCoでもリバランスは必要です。
1年に1度で良いので点検をしてリバランスをしましょう。

たろうの失敗

実は最初たろうは6つのファンドで構成をしていました。
どれも利益を出していましたが、数年放置をし過ぎていて、気づいた頃には思った以上に利益が出ていませんでした。
そこでリスクを取って上記2つ(REITと新興国株式)に絞り商品を変更しています。

みなさんは自分のかわいい資産なので1年に1度は点検して愛でてあげてくださいね。
ちゃんとリバランスしていればもっと利益が出ていたと思います。

まとめ

・企業型DCとは企業が拠出金を出してくれる非課税運用制度。
・確定給付金企業年金(BD)から企業型DCに変更する会社が増えている。
(知っていて損はない)
・たろう的にはつみたてNISAとiDeCoで老後資金が問題ないと考えている。
・社会保険料が減額されることを忘れてはいけない。
・商品はインデックスファンド(信託報酬0.5%未満)を選ぼう。
(長い目でみたらアクティブファンドより成績が良い)
・1年に1度は点検をしてスイッチングやリバランスを行おう。
無知は痛い目にあいます。
放置も痛い目にあいます。
みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました