【知って損なし】子育てに必要な教育費

保険

海外にいる時にハラミちゃんを見てました。
日本に帰ってきたら有名人、なんかさみしい。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへ投資ブログランキングに参加中。
応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

【知って損なし】子育てに必要な教育費

 

教育費って頭抱えますよね。
まだ子供がいるわけではありませんが、たろう家も頭抱えています。
というわけで今回の記事は教育費はどのようにして備えるべきかを学ぶ回です。

結論

ざっくりですがこれだけ頭に入れましょう。

すべて公立、国公立であれば800万
すべて私立、私立大学であれば2,000万以上

あながち教育費が1,000万~2,000万かかるというのは間違いではないですね。

とはいえ、大金と言えば大金なので、
どうすればいいかを考える必要がありますね。

一気にお金が必要になるわけではないので、
一つずつ分解して考えていきましょう。

幼稚園

公立、私立それぞれ見てみましょう。

公立 68万

【内訳】
イニシャルコスト 4万(入学費など)
ランニングコスト 15万/年(行事代など)

私立 145万

【内訳】
イニシャルコスト 10万
ランニングコスト 37万

もちろん地域によって差はあるかと思います。

気を付けてほしいのは、公立の幼稚園って結構少ないんですよね。
住んでいる地域によっては私立しか選択肢がない場合もあります。

ここで知っておいて欲しい2つの補助金制度があります。
入園料に対する補助金
・こちらは自治体の制度
・補助金の金額は自治体によって異なる
・年度内で1度だけ利用できる
私立幼稚園奨励費補助金
・こちらは国の制度
・保育料の補助金

上記2つを利用すればイニシャルコストとランニングコストを、
ある程度抑えることができるので助かりますね。

幼稚園や区役所や市役所に是非問い合わせてください。

小学校

公立 193万

【内訳】
イニシャルコスト 1万円
ランニングコスト 10万円/年
塾や習い事 22万/年

私立 916万

【内訳】
イニシャルコスト 30万
ランニングコスト 93/年
塾や習い事 55万/年

すごい差がでますね。6年間は馬鹿になりません。
よっぽどなことがない限り公立で問題ないと思います。

中学校

公立 145万

【内訳】
イニシャルコスト 10万
ランニングコスト 15万/年
塾や習い事 30万/年

私立 398万

【内訳】
イニシャルコスト 50万
ランニングコスト 73万/年
塾や習い事 43万/年

高校受験を控えているので公立でも塾代の費用が大きくなってきています。

高校

公立 135万

【内訳】
イニシャルコスト 18万(受験料含む)
ランニングコスト 23万/年
塾や習い事 17万/年

私立 350万

【内訳】
イニシャルコスト 53万(受験料含む)
ランニングコスト 70万/年
塾や習い事 30万/年

ここまでくると私立がいかに高額かわかりますね。
授業に追いつくためにも習い事が必須になってきています。

大学

国立 390万(4年生)

【内訳】
イニシャルコスト 70万(受験費用込み)
ランニングコスト 80万/年
一人暮らしの場合 無限大

私立文系 505万

【内訳】
イニシャルコスト 85万(受験費用込み)
ランニングコスト 130万
一人暮らしの場合 無限大・・・

私立理系 775万

【内訳】
イニシャルコスト 95万(受験費用込み)
ランニングコスト 170万/年
一人暮らしの場合 無現・・・・

さすが理系といった感じですね。

医学部の場合は理系の3倍以上かかると思っていいと思います。

今回の数値は文科省から引用しました。
出典:平成30年度子供の学習費調査結果(文部科学省)

大学の教育費をどうするか?

幼稚園、小学校、中学校、高校まではどうにかなる家庭も多いのではないでしょうか。
基本公立で整えてしまえば18年間で500万円程度です。
塾や習い事をある程度制限すればどうにかなる金額です。

問題は大学費用ですね。

結論から言えば300万最低貯めておくと良いです。
理想を言えば500万あれば私立文系の授業料までどうにかなります。

どうやって貯めるか?

実は児童手当を使わずに貯金していれば大学受験のタイミングで200万まで貯まります。
※世帯収入が高い家庭は児童手当が減るため自助努力が必要です。
残りの100万を子供が生まれた時から逆算して貯めればOKということです。

18歳の受験までに216か月あります。
5,000円×216か月=108万
これで最低金額の300万を貯めることができます。
500万貯めたければ月に1.5万円貯金すればOKです。
無理に投資する必要はないということですね。

当然学資保険は不必要。
資金が拘束される上に、年利リターンが非常に悪い。

もし投資するのであれば、
100万を子供が生まれたタイミングで全世界株式などに投資することをおすすめします。

年利5%で18年預ければ240万になります。(税引き前)
18年あれば今までの歴史上元本割れはほぼありません。
ただ年利5%を達成できるかどうかは不明ですので、
その点だけ気を付けてもらえればいいかなと思います。

たろうであれば間違いなく投資で増やします(笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポイントはイニシャルコストとランニングコストに分けて考えることです。
教育費という大きな数字を見ると気が遠くなりますが、
イニシャルコストとランニングコストに分けて、年度ごとに分ければ対応は可能です。

最後の大学の費用のために生まれた時から準備をすることが肝ですね。
もし何も手を打てていないご家庭があれば、
今から逆算して300万貯めることを考えましょう。

最後にお伝えしたいことが・・・

学費はインフレしています。

特に大学の費用は年3%ずつインフレしていると言われています。
大学の数に対し、子供の数が減っているので維持できないのでしょう。
私たちはそのつもりでお金をためておきましょう。

高校までの学費無償化が実際に実行されれば、
貯めることはたやすくなるんですけどねぇ。

大きな数字は分解して考えよう!
そして必要な教育の場を子供に用意できるように貯金や投資を利用しましょう。

11月推薦図書

10月を終えたので、11月の推薦図書を公開したいと思います。
10月に読んだ本の中でおすすめできる図書をを選びましたので、
是非興味をもっていただければと思います。

・とにかく漫画なので読みやすい!
・投資初心者、投資を考えている人に読んでほしい!
・税理士youtuber大河内さんが面白おかしく説明してくれています。

・中学生から読ませたい。
・お金の考え方がを学ぶことができる。
・お金のことをまじめに考えたことのない人は全員におすすめ。

・たぱぞうさんが実際に行った投資方法が記載されています。
・何よりも金融資産ごとのおすすめ運用方法などが参考になる。
・米国で投資を行う根拠を元に説明されているので非常に腑に落ちます。

・米国投資を中心とした投資を体系化して説明してくれている良書。
・目的、目標からの逆算した投資方法の記載。
・投資するための順序を踏まえて説明されているので米国株をする人にはぜひ読んでほしい。

・今現在一番売れているお金に関する本です。
・投資だけではなく、お金全般に関することが網羅されており、体系化されている。
・投資をしない人にも是非読んでほしい本当に良い良書。

・故・小池一夫さんの名著。
・生きていくことについて避けることができないことを文字にしてくれています。
・大人こそ読んでいただき、共感する部分を今一度振り返って大事にしてほしいと思える良書。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました