【貯金できない人必見】強制式貯金のおすすめ方法6選

保険

熱い目玉焼きを食べました。
上あごに水膨れ。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【貯金できない人必見】強制式貯金のおすすめ方法6選

 

給料が入ってもついつい使っちゃうんだよね。
だから貯金も全くない。どうしよう。

今回の記事を読んでもらえれば、貯金ができる環境を作ることができます。
また更に貯金を加速させるための方法も案内します。

投資投資と言っているんですが、そもそも貯金ができなければ意味がないですよね。

結論

自分で自分に鞭を打ってください。激しく。

①定期預金自動積立する。(給与日に設定すること)
②現金だけで生活する。(給与前に苦しいのは自分の責任と割り切る)
③キャッシュカードは普段持たない。(引き出せる環境は作らない)
④クレジットカードは解約する。(後払いできなくする)
⑤デビッドカードも解約する。(口座から支払えなくする)
⑥言い訳をせずやる。(行動あるのみ)
単純で最強。

貯金のおすすめ強制環境を作る方法

クレジットカード・デビットカードをすべて解約する。これだけ。
クレジットカード経由の買い物はすべてできなくすることが目的。

何故なら強制的に貯金される環境にすることで、使うことをできなくなるからです。

クレジット引き落としをされている方は、ネットの振込サービスを使えばOK。
困ることはありません。
アプリなどで電子決済をしたいのであれば現金で入金すればOK。
困ることはありません。
家賃分を使いそうになるのであれば、給与振り込み日に自動振込サービスを使えばOK。
困ることはありません。
時代錯誤だと言われても、貯金を第一に考えているのでOK。
困ることはありません。
幸い日本はまだまだ現金主義なところが多いのでOK。
困ることはありません。
現金だけで十分。

定期預金自動積立は手取りの何%が良いか?

最初な何%でもいいのが結論。
まずは何よりも貯金ができたという経験を積むことが大切。
本音を言えば最低10%と言いたいですが、給与次第ではできない人もいるのも事実。
手取りの5%できたら翌月から10%にするなど、経験値を上げていきましょう。

1年も続ければ貯金できる体質になっています。
間違いないです。
たろうは学校を卒業してから30歳まで資産0でしたから。大丈夫。
給料日前なんて素パスタ、塩バスタ、味噌パスタとかですよ。

参考記事

【家計簿】おすすめアプリで簡単に家計の健康診断
お金を貯めるにはすべて自分の家計の把握からは始まると言ってもいいくらい。できれば楽にかつ正確に。続かないのは楽なじゃない家計簿をつけているから。この機会に学びましょう。
理想の家計バランス
いつもお金を使い過ぎてお金がたまらないそこの君!そう君だよ!今こそ家計予算を考える時!貯金できる仕組みを作ろうじゃないか!

こうなればクレジットカードを持っても大丈夫。
きっとコントロールできるはず。

おすすめクレジットカード記事

【キャッシュレス時代】おすすめ高還元(ポイント)クレカ3選+スマホ決済2選
こちらの記事で70点から80点取れるクレジットカードとおすすめスマホ決済のご提案。スマートに使いこなして、現金から脱却してみよう。

貯金のスピードを上げるおすすめ方法

家賃の安いところへ引っ越す。
・例えば7万から5万のところへ引っ越せば年間24万貯金できる。
不必要な保険をすべて解約する。
・必要なのは生命保険、火災保険程度、これなら月5,000円程度、年間60,000円以内に収まる。
(どうしても車が必要な地域の人は対人対物だけにすれば月5,000円程度になる。)
スマホを格安SIMに変更する。
・2,000円以内の格安SIMにすれば、年間24,000以内に収まる。
新聞の契約をやめる。
・今はネットで情報が見れる。月4,000円なら48,000円節約になる。
車を売却する。
・週に1度しか乗らないのであればカーシェアで十分。月10,000円、年間120,000で済む。
※借りる時間にもよる(保険料や車検、税金などを考えると安い)
(車がどうしても必要ならリセールバリューの高い中古車で十分)
給与が上がっても生活水準を上げない
給与が上がったのと同時に生活水準を上げる人がいます。
悪いことではありませんが、貯金スピードは大きく下がります。

たろうは上4つを実践して年間90万以上の支出を減らしました。
車はもともと持ってなかったので。旅行先で使う基本レンタカーです。
当然生活水準は上げてません。

手取りの半年から1年分の貯金を目指そう。
1年分貯まれば安心して投資家デビューできます。
1年分の貯金は崩さないでくださいね。生活防衛資金だから。

下記の記事も参考になると思います。

【保険の見直しのコツ】主に必要な保険3つ。
世の中にはいろんな保険がありますよね。でも不要な保険もいっぱいあるんです。本当に必要な保険を自分の頭で考えて選んでみましょう。安心という言葉に騙されないように!
スマホをおすすめ格安SIMに比較して変えて固定費改善。楽天モバイル+mineo
スマートフォンの料金て年間にすると大手キャリアだと年間10~12万しますよね。これが年間1.5万に節約できると知ったらどうします。やりたいですよね。やりましょうよ。
【生活防衛資金(費)】いくらが目安?預け先は?わかりやすく解説!
今更聞けない生活防衛資金について簡単に解説。生活防衛資金についての理解が深まると、今後に必要な金額の把握がしやすくなります。またこれを知っておくことでどこまで投資にお金が使えるかもわかるので非常に大切な知識。

まとめ

・貯金できない人はまず強制的に環境を作る。
・環境を作ったら少しずつでいいから貯金を始める。
・1年も経験を積めば貯金できる体質に変わる。
・貯金体質になれば固定費を見直す。

・お金が貯まれば、お金を増やす仕組みが使える。

上記のことができれば資産を増やすフェーズに移行できます。
もちろん貯金をしつつ、少額でつみたてNISAを始めるのも良いと思います。

浪費を否定しているわけではありません。
適度な浪費は人生を豊かにしてくれます。
お金の心配をしなくても済むようにキャッシュマシーンを作って、
適度な浪費をしましょう。

10月推薦図書

今月からたろうが今まで読んできた中で推薦できる図書を紹介していきます。
どれを読んでも基本的に損はないです。
新しい考えや知恵を身に着けることができるはずです。
良ければ参考にしてください。

投資するのであれば簿記3級程度の知識は必要です。
簿記を学ぶとお金の見え方が変わってきます。
簿記3級は一週間も勉強すれば資格も取れるので、本当におすすめです。

税金やライフプランニングの勉強になります。
たろう的には資格は必要ないと思いますが、知識として持っておくべき内容です。
特に税金などは自ら申請しないといけないことが多いので必要最低限の勉強にもってこい。

自分自身が最大の資本であること、お金の稼ぎ方、使い方、守り方を学ぶことができる。
漫画なので小説などが苦手な人におすすめ。
学生の子たちに是非読ませておきたい良本。

子供を考えている方、子供がすでにいる方すべての方に読んでほしい本。
養育費にいくら必要なのか、どう対策すればいいのかわかりやすく書いています。
お金に不安があるのであれば読んでおいて損はありません。

投資の基本を学ぶことができる本。
投資のプロでも長く勝ち続けることが難しいことを証明しています。
インデックス長期投資の大切さを理解させてくれる本です。

こちらもインデックス長期投資を薦めている本です。
薦めている理由を過去の歴史から証明しています。
内容は少し難しいですが、絶対に読む価値はあります。

ファイナンシャルインテリジェンスを学ぶことができます。
この本に書かれているのは日本の縮図のように思えます。
知恵や発想、工夫と行動がいかに必要か学べる本です。

「経済資本」「人的資本」「社会資本」この3つから幸せを考える本。
どれが欠けても幸せになれないのではないか?と思えます。
そのために何をすべきかを自らが考えないといけないことを感じさせてくれます。

著者の実体験を元に見つけたお金の増やし方が記されています。
失敗談から成功談へ。
リスクの重要性とインデックス投資の積み上げの力強さを教えてくれる本。

たろうもこの本を読んで米国株投資を始めました。
言葉遣いがかなり強烈ですが、書いている内容はごもっともな内容。
米国株投資を始める前に是非読んでほしい良本。

仕事にはもちろん、日常生活にも生かせる本質的考え方を記した本。
常に考えることを求められるが、それによって生み出される本質は何よりも代えがたいこと。
日本人全員が読めば国が変わると思う。

たろうがブログを始めたきっかけになった本。
隙間時間とか書いていますが正直がっつり時間使っています。
会社だけに頼る時代はもうすぐ終焉を迎えるので、読んでみてほしい良本です。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました