【生活防衛資金(費)】いくらが目安?預け先は?わかりやすく解説!

節約節税

お金はいくらあっても困らない。
でもないと困るし不便になることが多い。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【生活防衛資金(費)】いくらが目安?預け先は?わかりやすく解説!

 

投資の前には生活防衛資金を貯めろっていうけど、いくら必要なの?って人への記事です。
急に言われてもわかりませんよね。
この機会に学んでいただければと思います。

結論

目安は一か月あたりの生活費の6か月~2年分。たろうとしては3か月~3年分のイメージです。
なぜなら正社員共働き(DINKS)や自営業者など収入が安定している人していない人によって変わるためです。
預け先おすすめは「銀行の普通預金」です。
必要な時に引き出せる状態にしておくことが生活防衛資金(費)には大切だからです。

生活防衛資金

怪我をして働けなくなった、鬱で働けなくなった(たろう)会社が倒産したなど。いざという時のための資金のことを指します。
目安は一か月あたりの生活費の6か月~2年分と言われています。たろうとしては3か月~3年分のイメージです。
たろうとはなこのように二人とも正社員として働いていてどちらかが倒れても生活費を稼ぐことができる場合は3か月で十分だと思います。逆に個人事業主は3年分。生活費だけではなく会社として赤字計上が続くようであれば自身の給与を減らす必要さえあるからです。今コロナ禍で耐えている居酒屋さんなどはしっかり蓄えていたんだろうと思いながらニュースを見ています。

生活防衛資金に加えてはいけないもの

数年後使う目途が立っている資金

・4年後に子供が小学校に入学する入学金(中・高・大も同様)
・3年後に車検に必要な費用
・5年後に自宅を修繕するために必要な費用etc

大体5年以内に使うであろうまとまった資金は生活防衛資金に加えないように気を付けてください。子供を大学に入学させたのは良いが生活ができないなんてことになれば本末転倒ですからね。

実際に必要な金額を算出してみる

たろう家の場合

ひと月当たりの生活費30万円、子なし、車なし、なので生活費だけですね。
30万×3か月=90万
少し余裕を見て100万程度だと思っています。
理由は単純、二人とも正社員として働いていて、90万あれば片方が働いているだけで1年以上生活が保てるためです。

50代夫正社員、妻パート、子供高校1年私立理系大学志望、車2年後車検、ひと月当たりの生活費35万円の場合

35万×1年=420万 ←これが生活防衛資金
子供の大学費用 大学受験10~20万(宿泊込)+入学金と前期分授業料90万円=110万
車検 20万
上記の場合だと生活防衛資金のほかに子供の大学費用130万円と車の車検費用20万は別に確保しておく必要があります。
必要な資金は570万ということになりますね。
ちなみに私立理系の大学のランニングコストは170万くらいです。そりゃ奨学金を必要とする人が増えるよね。子供が減っている影響もあり大学の費用はさらにインフレ傾向なので知っておいてそんはないかと思います。
イニシャルコストとは「初期費用」のことを指します。
ランニングコストとは「継続して一定期間にかかる費用」のことを指します。

ぜひぜひ生活防衛資金について家族で話し合ってください。
ある一定の金額があれば安心度も上がります。

生活防衛資金がたまったら

ここで初めて旅行や趣味などにお金が使える段階だと思います。
もちろんここまで来てから株式や投資を始めることをお勧めします。
最低でもここまで貯蓄しないと投資した金額の上がり下がりで一喜一憂してしまい疲れてしまいます。生活が脅かされるからですね。
酷い人は寝れなくなるとも聞いたことがあります。

賞与が入金されてしまうとついつい使ってしまいがちですが、賞与を生活防衛資金に加えることですぐに資金を確保することができます。ちょっとだけの我慢です。まずは生活基盤を整えましょう。

まとめ

・自分の家庭に合った生活防衛資金がいくら必要なのか見積もろう。
・生活防衛資金と5年先までに使用用途が決まっているお金を区別しよう。
・実際に必要な生活防衛資金と使用用途が決まっている資金を踏まえて明確にお金を仕分けしよう。
・賞与は生活防衛資金を一気に貯めることができる武器であることを知る。
・生活防衛資金さえ溜まればやりたい放題!ここまで頑張ってこよう!

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました