【マネックス証券】クレカ積立開始

投資

いやーキングダムが面白くて面白くて。
皆さん読んでます?漫画好きなんです。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【マネックス証券】クレカ積立開始

 

以前におすすめ証券会社を2つ紹介してきましたが、
新たに3つ目が登場します。

それが今回のタイトルにも書いています「マネックス証券」です。
2022年1月以降を予定しているそうです。

過去記事は下記からご覧ください。

楽天証券↓

【万人向け】NISAにも使えるおすすめ証券口座2つ①
証券口座を開設したことない人にとっては未知の世界ですよね。この機会におすすめ証券口座を作って、投資の世界に進みましょう。

SBI証券↓

【万人向け】NISAにも使えるおすすめ証券口座2つ②
SBI証券のメリットデメリットだけではなく、SBI証券と相性の良いクレジットカードや銀行も紹介しています。この機会に検討してみてはどうでしょうか。

結論

楽天証券、SBI証券のクレカ積立をしていて且つ、
投資余力のある人はポイントが付与されるのでおすすめです。

マネックス証券にはそれ以外にも魅力があるので、
そちらも簡単に案内したいと思います。

おすすめ理由

・クレカ積立1%還元
・マネックスポイントの使い勝手が良い

・10年スクリーニング機能が使える
・優良な投資信託がある

クレカ積立1%還元(最大5万円まで)

出典:マネックス証券

2021年5月からマネックス証券口座を開設している人だけが作ることのできる、
クレジットカードです。(JCBのみ)

年会費:550円(初年度年会費無料)
年に一度利用すれば年会費は無料になるので、
クレカ積立を行えば年会費自体はかからなくなりますね。

還元率:1%
及第点と言ったところですが、
クレカ積立でポイントを貯めることができること自体に魅力があります。
ポイントは「マネックスポイント」と言って、
様々な使い方があります。

出典:マネックス証券

いまをときめく、暗号資産に投資するのもあり。
普段の生活に使える各種ポイントに変えるのもあり。
人だって救えちゃう!募金するのもあり。

たろうはマネックスポイントをT-POINTに変えて、
ネオモバイル証券でポイント投資します。

毎月5万円をクレカ積立すれば、
毎年6000円分のポイントが自動的にたまるのは魅力的ですよね。

10年スクリーニング機能が秀逸

そもそもスクリーニングって何?ってなる方もいらっしゃるかもしれません。
簡単に言えば「ふるいわけ」のことなんです。

株式と一言で言っても数千種類あるので、何を買っていいか指標が欲しいですよね。
その時に使うのがスクリーニングという検索機能なんです。
例えば売上高昨年比20%以上、利益率10%以上などの条件を入れて、
検索をすると大量にある株式の中から探し出すことができるんですよね。

例えば楽天証券のispeedアプリはこんな感じ。

まず「スーパースクリーナー」をクリックして、

検索したい項目にチェックを入れて、

スクリーニングしたい数値を入れると、

その結果に準じた銘柄が抽出されるんです。
(夢みつけ隊ってなんだろ)

それが楽天、SBI、それぞれあるんですが「単年」なんです。
株を買う立場からすれば、
継続的に伸びている企業の株を買いたいですよね。
PCの方であれば4年前まで遡ることができますが、
正直もっと長期で見て分析したいですよね。

そこでマネックス証券です。
マネックス証券だけが段違いにスクリーニング機能が高いんです。
なんせ10年スクリーニング機能が備わっています。
他にも配当性向や配当率なども検索できるので超便利。

たろうは今までスクリーナー機能のためだけに、
マネックス証券の口座を持っていました。
クレカ積立がスタートしたらマネックス証券での投資を始めます。

個別銘柄を10年スクリーニングするとこのように過去の業績を調べることができます。

今回はたろうも購入している「沖縄セルラー」の過去業績です。

22年度の予想が下がっているのが気になりますが、
気持ちのいい右肩上がりですね。

このように過去のEPSなどの重要指標も振り返ることができるので便利です。

クレカ積立&10年スクリーニングが使えるので、
この機会にマネックス証券の口座を作るのも良いかもしれませんね。

優良な投資信託がある

以前おすすめ投資信託8選の記事を出しました。

こちらでございます↓

【投資初心者も安心】おすすめインデックスファンド8選
つみたてNISAの中からおすすめインデックスファンドを8つ選びました。初めて投資信託をする人の選択肢になると思うので参考にしてください。

SBI専用のインデックスファンドの取り扱いはありませんが、
楽天VTIやeMAXIS Slimシリーズの取り扱いもあります。

楽天証券とSBI証券に比べればマネックス証券の取り扱い銘柄数は、
1,200銘柄程度と半分です。
しかし選定された良い銘柄を購入することができるので問題なしです。

まとめ

マネックス証券も選択肢の一つに入ってきますね。

・クレカ積立1%還元
・マネックスポイントの使い勝手が良い

・10年スクリーニング機能が使える
・優良な投資信託がある

個人的にはマネックス証券がクレカ積立1%を始めることで、
楽天証券のクレカ積立1%も維持されると思います。

3社のクレカ積立を使えば年間で180万の投資ですね。
楽天証券 60万 6,000ポイント

SBI証券 60万 3,000ポイント
マネックス証券 60万 6,000ポイント

投資余力がある方はぜひ。

機会があればそれぞれの証券会社の強みがあるので、
そんな記事を書きたいと思います。

12月推薦図書

11月を終えたので、12月の推薦図書を公開したいと思います。
11月はバタバタしていたので(ゲーム含む)あまり読書できていませんが、
少ないですがおすすめの図書を紹介していきます。

・貯金体質がない人に超おすすめです。
・漫画ベースで書いてあるのでとにかく読みやすい。
・この本を実行することで貯金体質に絶対なります。

・お金の使い方で幸せになる方法を説いてくれています。
・お金があるだけでは幸せになれないということも教えてくれます。
・お金の使い方を考えさせてくれる良書です。

・インデックス投資がいかに優れているかはご存知の通り。
・そのインデックス投資のデータを集めているので非常にわかりやすい。
・何よりも著者が自分の意見だけを信じなくて良いと言っているあたりがいい。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました