【キャッシュレス時代】おすすめ高還元(ポイント)クレカ3選+スマホ決済2選

投資

上手に話そうとしたら話せず、何も考えずに話すと話せる。
そういったことありません?
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへ投資ブログランキングに参加中。
応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

【キャッシュレス時代】おすすめ高還元(ポイント)クレカ3選+スマホ決済2選

 

クレジットカードの種類が多すぎて何がいいのかわからないのよね。

最近は電子マネーやスマホ決済とかあって何がなんだか。

今回の記事を読むことでポイントを活用しつつスマートな暮らしができます。

投資の観点、ポイント還元、使い勝手を含めたうえでのクレジットカードと、
時代はキャッシュレスということで電子マネー、スマホ決済のおすすめを案内。
クレジットカードの還元率は一般に0.5%です。
還元率が1%以上であれば優秀と言えるレベルだと思ってくださいな。
たろうの結論は下記の通り。

クレジットカード

・メイン 楽天カード
・サブ1 ビックカメラSuicaカード もしくは JREカード
・サブ2 三井住友カード(NL)

理想は2枚だと思いますが、投資観点から言えば3枚あっても良いかな?と思っています。
クレカを複数持つ理由はVISA、Master、JCBなどのブランドを分けるためです。

スマホ決済

・楽天Pay
・PayPay

上記のクレジットカードとスマホ決済を利用すれば、
ほぼほぼのお店で現金を使うことがなくなります。

そもそもたろうはほぼ現金を使っていません。
必要最低限の現金を財布に入れている程度です。
家計簿アプリと連動させれば管理も簡単なのでほぼキャッシュレス。
ただ現金しか使えない場所もあるので最低限の現金1万~2万程度持っています。

楽天カード

万人におすすめできるのはやっぱり楽天カード。
ノーマルカードは年会費無料。
ゴールドカードは年会費2,200円。
プレミアムカードは年会費11,000円。
VISA、Master、JCBと選べて1%の還元。
更に2枚目も作ることができる。
楽天経済圏を活用している人は必要不可欠。
楽天市場で使えば3%の還元。

また電子マネーとして楽天Edyが使えるのもポイント。
設定さえしておけば自動的に楽天Edyにチャージすることも可能です。

楽天Edyは200円で0.5%還元、
楽天カードからのチャージで0.5%の還元。
加盟店で利用で1%の還元。
トータル2%の還元することが可能。
楽天Payアプリで楽天Payと楽天Edy両方使えるので便利。

過去に記事にしていますね。

【万人向け】NISAにも使えるおすすめ証券口座2つ①
証券口座を開設したことない人にとっては未知の世界ですよね。この機会におすすめ証券口座を作って、投資の世界に進みましょう。
【最強のポイ活】楽天経済圏。メリットと始め方と順番。
楽天経済圏の始め方とその順番。必要なリンクなどもすべて準備しているので、上から順に進めてください。そうすればもう立派な楽天経済圏利用者になれます。

申請する時はモッピー経由が更にポイントがもらえてお得です。

Rakuten Card公式HP

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
こちらからどうぞ

交通系カード

これはどちらを利用するかは好みに分かれてくると思います。

Suicaへのチャージで1.5%の還元。
オートチャージ設定の場合も同様でしかも楽。
何よりもSuicaが使える場面が非常に多い。
貯まったポイントをSuicaに再チャージできる点も◎
もちろん電子マネーはSuica。

使えないところを探すほうが難しいんじゃないかと思うくらいですね。

ビックカメラSuicaカード

こちらのカードで電子マネーSuica使いビックカメラで買い物をすると、
還元率が11.5%と驚異の還元率になります。
楽天カードをVISA、Masterにした場合は、
こちらをJCBにすることでブランドが分散されて使い勝手がよくなりますね。

年会費524円必要ですが、年に1度利用すれば次年度は無料です。

ビックカメラSuicaカードHP

JREカード

こちらは定期と一体化型にすることができるカードです。
一体化型にしたいという人におすすめ。
JREカードはVISAの取り扱いのみのため、
楽天カードをJCBにした方が良いかもしれません。

年会費524円必要です。

公式JRE CARD HP

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
こちらからどうぞ

 

三井住友カード(NL)

こちらのカード還元率は0.5%。
ですがセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで
タッチ決済をすると5%還元と一気に還元率が大幅に上がります。
上記の4店舗をちょこちょこ使う人にはおおすすめ。

また買い物対象店舗を3つ選ぶことができ、
選んだ店舗で決済を行うと更に0.5%追加され実質1%の還元となります。

ノーマルカードは年会費無料。
ゴールドカードは年会費5,500円(一度でも年に100万円使えば永年無料)

SBI証券で最大50,000円分クレカ積立を行うことも可能。
積立でもポイントが還元される点は非常に大きいです。

以前の記事でも紹介しています。

【万人向け】NISAにも使えるおすすめ証券口座2つ②
SBI証券のメリットデメリットだけではなく、SBI証券と相性の良いクレジットカードや銀行も紹介しています。この機会に検討してみてはどうでしょうか。

還元されたポイントはクレジットの支払いに充当できる点も気に入っています。
電子マネー機能はついていないのでSBI証券で積立投資を考えている人用ですね。

公式三井住友カード(NL)HP

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
こちらからどうぞ

おすすめスマホ決済

もう日常的に使われているスマホ決済。
○○Payってどのくらい種類あるんですかね。
もう把握できまてん。
その中でも利用できるお店が多い2つに絞って案内します。

楽天Pay

楽天経済圏で貯まりに貯まったポイントを使うことができる楽天Pay。
どんどん利用可能店舗が増えています。

貯まったポイントで買い物をしても1%のポイント還元
ポイントがなくなっても楽天カードからチャージをして利用することも可能。
楽天カードからチャージをした場合は0.5%の還元
チャージしたキャッシュから支払うと1%の還元
普通に楽天カードで支払うよりも還元率が高くなります。

加盟店で決済をすると更に1%の還元になるため、
ポイントがポイントを生み出すので貯めやすいのが利点。
楽天Edyと楽天Payを組み合わせるとかなりの店舗で利用できます。

ちなみに楽天PayアプリでSuicaにもチャージができるのもいい点です。
ただしその場合は0.5%の還元なので上記2つにには劣ります。

公式楽天Pay HP

楽天Payアプリ(iPhone)

楽天Payアプリ(android)

PayPay

スマホ決済で外せないのがPayPay。
キャンペーンも非常に多く、把握しきれないレベル。
還元率が非常に高く利用者も多数。
またスマホ決済店舗は340万店舗。
楽天経済圏を脅かすPayPay経済圏がすでに出来上がりつつあります。
まだインフラ関係や投資関連など含め楽天経済圏に追いついていませんが、
そのうち追いつくと思っています。
10月にはPayPayカードなるクレジットができる話も上がっているので、
証券口座と繋げることができれば面白いなと思っています。

ただ難点は10月から加盟店の手数料が無料だったところから1.6%に引き上げになる点。
どれだけの加盟店が残るかがカギになるかと思います。

その時はまた改めて記事にしたいと思っています。

公式PayPay HP

PayPayアプリ(iPhone)

PayPayアプリ(android)

ちなみにたろう使ってません(笑

まとめ

ポイントは
・還元率の高いクレジットカードを選ぶ
・クレジットのブランドを分散して選ぶ
・自分の生活圏で使いやすいカードを選ぶ
・クレジットと連動している電子マネー決済を選ぶ
・スマホ決済は使える店舗数で選ぶあくまでたろうの考える基準です。

実は万人100%当てはまるクレジットカードはありません。
各社にとってメリットを追求されているので当然と言えば当然です。
その中でもこのカードであれば70点くらいかな?と思える提案をさせてもらいました。

また可能な限りJCBを使った方が日本のためになるんだろうなーと思っています。
VISAやMaster、AMEX、Dinersはアメリカ。
銀聯は中国、とクレジットカードのブランドです。
私の知る限りクレジットカードのブランドを持つ国は日本を合わせて3か国です。
使用した1%程度が海外の収益となるため、日本はお金を支払っている立場です。
JCBを使えば各国に支払うこともなく日本国内でお金が循環します。
そうなることで少しでも経済が循環すればなーと思っています。
そんなたろうはJCB使っていません(ごめんなさい

最後に海外に住んでいた経験から言えば日本は電子決済後進国です。
これから徐々に電子決済が増えていき、
乗り遅れると損をする人たちが増えていくと思います。
波に乗ろうぜ!

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました