【超簡単】楽天証券口座の作り方を解説

投資

冬になると一気に光熱費って上がるよね。
先月分の光熱費をみてびっくりしました。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【超簡単】楽天証券口座の作り方を解説

 

証券口座を持つことはお金持ちに近づくための第一歩と言っても過言ではありません。
お金持ちは皆さん証券口座を必ずと言っていいほど持っています。それはお金を眠らせておくことが無駄ということを十分に理解しているからです。
その中でも優良と言われている楽天証券の口座の作り方を今回は説明したいと思います。

作る順番

楽天は様々なサービスがあるので最低限、無料で使えるサービスを利用してSPUを上げつつ証券口座を作りましょう。

SUPはスーパーポイントアッププログラムの略で楽天経済圏で大きく活躍してくれるものです。

詳しい説明はこちら↓

【最強のポイ活】楽天経済圏。メリットと始め方と順番。
楽天経済圏の始め方とその順番。必要なリンクなどもすべて準備しているので、上から順に進めてください。そうすればもう立派な楽天経済圏利用者になれます。

それでは順番です。

①楽天市場会員になる
②楽天銀行口座を作る
③楽天カードを作る
④楽天証券口座を作る

基本的にこの4つの流れでやれば無駄がないと思います。

これがスマホ一つで全部できる時代になったので本当に便利になりました。

①楽天市場会員になる

一番初めに楽天市場会員になっておくと、この先の作業が楽になるのでまずは楽天市場会員になってしまいましょう。

楽天市場のHPを開くと「会員新規登録」という画面がすぐに出ますので、それ押していただくと下記のような入力画面になります。

これをサクサク入力してしまえば、楽天市場会員になることができます。

本当に簡単なのでこれはサクッとやってしまいましょう。

②楽天銀行口座を作る

楽天銀行の良いところは

①インターネットバンキングなので手続きがネットだけでできる。
②連動効果がすごい便利
・楽天カードの引き落とし先にすればSPU+2
・楽天証券と連動するとSPU+1
・楽天証券と連動すると楽天証券に入金する必要がない
・楽天証券と連動すると利息が0.02%から0.1%に上がる
③楽天銀行自体のメリット
・ATM手数料が最大7回まで無料
・他行振込手数料が最大3回まで無料

こんなところでしょうか。

楽天銀行の口座開設のボタンを押してもらうとこんな画面になります。

ここで先ほど作っておいた楽天IDを利用すれば口座開設も短縮できます。
入力事項をサクッと入力して口座を開設してしまいましょう。

【注意事項】
クレジット機能付きキャッシュカードを作らないこと。
楽天銀行クレジット機能付きは国際ブランドがJCBしかありません。また通常の楽天クレジットカードを作ることができないうえに、家族カードも作ることができなくなるデメリットがあります。

③楽天カードを作る

楽天カードは普段使いでもポイント還元率1%と優秀なカードです。
また他のクレジット会社と違い2枚作れるところもポイントです。

申請する時はモッピー経由が更にポイントがもらえてお得です。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
こちらからどうぞ

楽天カード申し込みボタンを押すとこのような画面になります。

ここでも楽天市場で作っておいたIDが役に立ちますね。
引き落とし先はもちろん先ほど作った楽天銀行です。
必要事項を入力してしまえばサクッと作れてしまいます。

最初は年会費無料の普通のクレジットで良いと思います。
使う金額が思った以上に高い人はプレミアムのインビテーションが届くと思うので、そこで考えてみてはいかがでしょうか?

早ければ1週間ほどで自宅にカードが届くと思います。
違う国際ブランドの2枚目のカードを作っておくこともお勧めします。

ちなみにたろうは普段使いに3枚利用しています。
楽天カード JCB
・普段使い
楽天カード Master
・JCBが使えないところで使用
三井住友カード(NL) VISA
・セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドのみで使用(5%還元だから)

今のところ海外含めてVISAしか使えないお店に出くわしたことはありませんね。
VISAが使えるところはMasterも使えるところが多い印象です。
ただJCBしか使えないところがあるのはいくつか見たことあります。

④楽天証券口座を作る

それでは目的の楽天証券口座を作っていきましょう。

証券口座作成画面に移るとこのような画面になります。

どこまでいっても楽天会員IDが利用できるのでやっぱり最初に楽天市場会員になっておくことが良いですね。

あとはガンガン入力を済ませていきましょう。

証券口座を作る時にNISAやつみたてNISA口座を持っていない人はこの機会に作っておくといいですね。よく勘違いされるのが証券口座=NISA口座、つみたてNISA口座だと思っている方がいるようですが、正確には証券口座の中にNISA口座やつみたてNISA口座を作るイメージです。

そしてよく躓くポイントがあります。

・一般口座
・特別口座(源泉徴収なし)
・特別口座(源泉徴収あり)

この3つを見てあきらめた方もいらっしゃらるのではないのかと思います。
簡単に説明すると、

一般口座
・為替や利益などすべて計算を自分でして確定申告してねという口座
特別口座(源泉徴収なし)
・途中までは計算してあげるから、確定申告してねという口座
特別口座(源泉徴収あり)
・全部やってあげるから確定申告しなくてもいいよという口座

なのでとりあえず「特別口座(源泉徴収あり)」を選んでおけばOKです。

iDeCo口座を作りますか?という質問が出てきますが、iDeCoを勉強してからiDeCo口座を開設すればよいと思うので無理に口座開設をする必要はないと思います。勉強してからiDeCo口座を開設しましょう。

証券口座が作成されるまでは大体2~3週間程度です。

楽天銀行口座と証券口座ができたら

絶対に忘れずにマネーブリッジの申し込みをしましょう。

楽天銀行のHPの貯めるコーナーの欄にあります。
小さいので見逃さないように。

メリット
・普通預金金利が金利が5倍になる。0.02→0.1%
・証券口座にお金を移動させなくても売買できるようになる(めちゃ楽)
・楽天ポイントがざくざく貯まる

悪いことは一切ありませんよー。

投資信託の5万円はクレジットカードとポイント利用しよう

投資信託の支払いを楽天カード決済にすると5万円分まではポイントが付きます。年間60万円投資すれば6,000円分ポイントが付くのでお得ですね。

購入時の画面で選べるのですぐにわかると思います。

オススメと書いてある方を選びましょう。

最後にポイント買い付けの手続きをすれば終了です。

ポイント買い付けをしておくと、SPUが+1になるので楽天市場でのお買い物もお得になります。ちなみに楽天ポイントがなくてポイント買い付けができなかった場合もSPUは+1になるので、ありがたい話ですね。

画面はこちら

たろうは毎月1ポイントだけ投資信託に利用して、ほかのポイントはスーパーなどで使っています。

これで準備OKですね。

オススメ投資信託は過去に投稿しています↓

【投資初心者も安心】おすすめインデックスファンド8選
つみたてNISAの中からおすすめインデックスファンドを8つ選びました。初めて投資信託をする人の選択肢になると思うので参考にしてください。

最初はこちらから選んだらよいと思います。

まとめ

証券口座を持つことは金持ちへの1歩目です。

全然難しくないので、まず証券口座を持つところから始めましょう。
ちょこちょこ積み立てていれば銀行に預けているよりもガンガン資産が増えます。

面倒だと思う人は仕方ありませんが、少しの作業でできることなので是非証券口座を作って資産が資産を生む良い流れを作りましょう。

12月推薦図書

11月を終えたので、12月の推薦図書を公開したいと思います。
11月はバタバタしていたので(ゲーム含む)あまり読書できていませんが、
少ないですがおすすめの図書を紹介していきます。

・貯金体質がない人に超おすすめです。
・漫画ベースで書いてあるのでとにかく読みやすい。
・この本を実行することで貯金体質に絶対なります。

・お金の使い方で幸せになる方法を説いてくれています。
・お金があるだけでは幸せになれないということも教えてくれます。
・お金の使い方を考えさせてくれる良書です。

・インデックス投資がいかに優れているかはご存知の通り。
・そのインデックス投資のデータを集めているので非常にわかりやすい。
・何よりも著者が自分の意見だけを信じなくて良いと言っているあたりがいい。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFP3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました