【r>g】知っておかないと損をする資本と経済の原理

投資

ほんと寒くなりましたね。
寒さに弱いたろうは厚着しまくってます。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【r>g】
知っておかないと損をする資本と経済の原理

 

r>gなんて知らない!って人も多いと思います。
ですが知っておいたほうが良いと思うので、
今回はたろうなりの解釈で説明したいと思います。

これを読んだら資本への投資って大切なんだなーと思ってもらえると思います。

結論

資本に投資をしないとどんどん貧乏になるよ。

これが結論です。

ここで指す資本はお金を生み出す原資のことを指します。

資本と聞けば株式投資や投資信託などを思い浮かべますが、
人的資本、すなわち自分自身も資本であることを忘れないようにてくださいね。

【r>g】って何?

フランスの経済学者トマ・ピケティ著の「21世紀の資本」というベストセラーになった本で提唱された法則です。

r=return:資本収益率
g=growth:経済成長率

すなわち「r>g=資本収益率>経済成長率」のことなんです。

先ほど言いましたが、資本とは「お金を生む原資」のこと
経済成長率とは簡単に言うと、「働いて稼ぐ給与」と捉えてもらえれば良いです。

トマ・ピケティさんは18世紀から21世紀までの資本収益率と経済成長率を分析した結果、
最終結論をこう導きました。

r(資本収益率)は年平均5%上昇するのに対し、
g(経済成長率)は年平均1~2%の成長に留まる。

ちなみにこちらは古代から2100年までの資本収益率と世界の経済成長率をグラフ化したものです。
トマ・ピケティさんが言っていることが正しいと証明されてますね。

そのため、資本家と労働者の経済格差はもっと広がると結論付けています。
実際に各国で経済格差が問題になっていますよね。
ほんとすごい、トマ・ピケティさん。

結局何をすればいいのか?

これで終わってしまうと「ピケティさんマジすげー!」だけになってしまうので、
結局何にすればいいのかを考えていきましょう。

結論にも書きましたが、「資本家側になる」です。

資本家側になるのは簡単です。
全世界株式の投資信託を月100円でも買えばもう資本家側です。
便利な世の中になりましたね。

おすすめ投資信託記事↓

【投資初心者も安心】おすすめインデックスファンド8選
つみたてNISAの中からおすすめインデックスファンドを8つ選びました。初めて投資信託をする人の選択肢になると思うので参考にしてください。

しかし資本を最大化させるためには入金力がすべてです。

年100万円を5%で運用しても翌年には5万円増えるだけですが、
年1億円を5%で運用できる人は翌年には500万円増える。
これが経済格差を広げる正体です。

なので労働者側から入金力を上げて資本家側にシフトするには、
労働収入すなわち人的資本、自分自身に投資をすることも必要ということです。
以前に記事にもしましたが、最大の資本は自分自身です。
可能性は無限大ですね。

こちらの記事です↓

【最大の資本とは】わかりやすく解説
最大の資本についてわかりやすく解説します。最大の資本は何なのか?考えたことはありますか?資本を最大化させることは幸せにつながります。

たろう自身を例にしてみます。

正社員1年目 年収400万
正社員2年目 年収450万
正社員3年目 年収550万
正社員4年目 年収600万
正社員5年目 年収700万
正社員6年目 年収950万
正社員7年目 年収800万
正社員8年目 年収850万
正社員9年目 年収1,000万
正社員10年目 倒れる(働きすぎ)

たろうは30歳で正社員になったため、正社員に対してコンプレックス持ちでした。
コンプレックスが良い意味で働いたのか、

そのため昇進に必要な資格はすべて1発で合格するように勉強もしてきました。
これは会社員版の人的資本に投資した結果ですね。
ただやりすぎは禁物です。痛い目をみます。みてます。

人的資本を最大化させると、年リターン5%以上のお金を稼ぐこともできます。
ちなみにたろうの勤めている会社の賃金は年功序列制ではありません。
実績が悪ければ容赦なく降格させられます。
(多分復帰したら降格スタート・・・涙)

大切なのは2つです。

・投資を始めること(全世界株式の投資信託で良いと思います)
・人的資本を最大化させて給与を増やし入金力を上げること

この両輪を稼働させて労働者側から資本者側へシフトすることです。

経済的自由

r>gの行きつくところは「経済的自由」です。

金融資産による不労所得が年間支出を上回れば基本的に働く必要がなくなります。

例えば1億の運用資産があり毎年500万の不労所得、
年間の生活費が400万であれば不労所得のみで生きていくことができます。

最近流行のFIRE(financial independence retirement early)も、
このr>gから来ています。

経済的自由を手に入れれば、自分のやりたいことの選択肢が増えるのでいいですよね。

社会資本も大切なので働かないのはたろう的にはなしなのですが、
選択肢が増えるのはすごく興味があります。

皆さんはどうですか?

まとめ

r(資本収益率)>g(経済成長率)

rは年平均5%
gは年平均1~2%

働いているだけだと資本収益には経済成長は及ばないため、
経済格差を生み続ける。

だから私たちは資本家側にまわることが大切。

資本の増加は入金力がすべて。
だから自己投資を行い人的資本を最大化させて入金力を上げる。

簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

理解していただけると嬉しいです。

12月推薦図書

11月を終えたので、12月の推薦図書を公開したいと思います。
11月はバタバタしていたので(ゲーム含む)あまり読書できていませんが、
少ないですがおすすめの図書を紹介していきます。

・貯金体質がない人に超おすすめです。
・漫画ベースで書いてあるのでとにかく読みやすい。
・この本を実行することで貯金体質に絶対なります。

・お金の使い方で幸せになる方法を説いてくれています。
・お金があるだけでは幸せになれないということも教えてくれます。
・お金の使い方を考えさせてくれる良書です。

・インデックス投資がいかに優れているかはご存知の通り。
・そのインデックス投資のデータを集めているので非常にわかりやすい。
・何よりも著者が自分の意見だけを信じなくて良いと言っているあたりがいい。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました