【大損】結局は投資すべき

投資

最近遅寝遅起きが続いております。
どこかで生活リズムを直さないとと思っています。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【大損】結局は投資すべき

 

このブログでは一貫して投資を推奨していますが、
今回はその理由を説明したいと思います。
投資しないといけないなぁと思っている人の背中を押せればと思っています。

結論

投資しなければ30年だと、1,387万円損します。
(普通の貯蓄だと67.01%の損)
20年だと、547万円損します。
(普通の貯蓄だと39.68%の損)
10年だと、122万円損します。
(普通の貯蓄だと17.77%の損)

複利の力が働いているので投資期間が長ければ長いほど、
損する金額が大きくなっていきますね。

複利に関する記事↓

【複利・単利】で投資信託を考える。メリットとデメリット。
複利と単利のメリット、デメリットとは。理解した上での投資のコツのヒントになればと思います。どちらにも特徴はあるので、理解して上手に利用しよう。

現在の日本人の収入と貯蓄率について

今回算出した数値は日本人の収入中央値が552万円
年間の貯蓄率の中央値が10~15%
年間貯蓄率の中央値の真ん中を取って12.5%から算出しました。

この数値は
家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-
総務省統計局からの引用です。
それなりに信用できるデータだと思います。

すなわち552万円の12.5%、毎月5.75万円(年間69万円)を全世界株式に投資すれば、
上記のような結果になるというわけです。

投資と貯蓄の差異

今回、基にするデータは前回利用した「r>g」のr=資本収益率(年平均リターン4%)を利用して計算しています。

r>gの記事はこちら↓

【r>g】知っておかないと損をする資本と経済の原理
r>gって聞いたことあるけど、よく意味が分からない人に向けた記事です。資本の論理に基づいた不等式のことを簡単に説明しています。この機会に知って、資本家側に回りましょう!

この資本収益率は全世界株式とほぼ連動しているので全世界株式を資本収益率としています。

それぞれの金額の差異をグラフで見ると一目瞭然です。

ただの貯蓄(いわゆる貯金)がいかにリスクがあることがわかると思います。
投資にも当然リスクはありますが、投資をしないリスクというものもあるのです。

結論

残念ながら日本は徐々に貧乏な国になっているため、
給与は上がらず、世界の成長の方が大きいという状況が30年続いています。
また年々日銀がお金を刷っているため、紙幣の価値は下がり続けています。
そりゃそうだよね、紙幣の流通量が増えたらその分紙幣の価値が下がるわけだし。
また原油価格高騰による様々なインフレも発生しています。

インフレに強いのが株式です。
成長する世界へ投資を行い、その利益を享受することで資産を増やす。
これからはこれが当たり前になるかと思います。

是非この機会に一歩足を進めてみましょう。

12月推薦図書

11月を終えたので、12月の推薦図書を公開したいと思います。
11月はバタバタしていたので(ゲーム含む)あまり読書できていませんが、
少ないですがおすすめの図書を紹介していきます。

・貯金体質がない人に超おすすめです。
・漫画ベースで書いてあるのでとにかく読みやすい。
・この本を実行することで貯金体質に絶対なります。

・お金の使い方で幸せになる方法を説いてくれています。
・お金があるだけでは幸せになれないということも教えてくれます。
・お金の使い方を考えさせてくれる良書です。

・インデックス投資がいかに優れているかはご存知の通り。
・そのインデックス投資のデータを集めているので非常にわかりやすい。
・何よりも著者が自分の意見だけを信じなくて良いと言っているあたりがいい。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFP3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました