【フリーランス】老後資金対策

投資

呪術廻戦も面白いんだよね。
漫画もアニメも面白い。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

【フリーランス】老後資金対策

 

私の幼馴染にもフリーランスが数名いて、
相談を受けたので良い機会だと思いました。
今回の記事はフリーランス(個人事業主)しておくべき老後資金対策です。

結論

つみたてNISAと付加年金、iDeCoを活用すること。

何故なら国民年金だけでは65歳から受け取れる年金給付が6.5万円だけだからです。(2021年時点)
夫婦で受け取っても13万と相当厳しい年金ですよね。

下記は年金の階層を示した図です。

出典:野村の確定拠出年金ネットより

これを見ていただくと自営業者(フリーランスは)厚生年金(2階)の部分がありません。
だから自分自身で準備する必要があります。
国民年金基金というのがありますが、個人的には財源が小さいためお勧めできません。
将来破綻するんじゃないかな。

今回はそれを解決しましょう。

つみたてNISA

つみたてNISAは過去記事で説明していますのでこちらを見ていただければと思います。

【一般NISAとつみたてNISA】どちらがお得か比較

【一般NISAとつみたてNISA】どちらがお得か比較
一般NISAは年間120万円の枠。つみたてNISAは年間40万円の枠。長い目で見た時にどちらがお得でしょうか。比較してこの機会にどちらが良いのか、複利の力なども覚えよう。

【投資初心者も安心】おすすめインデックスファンド8選

【投資初心者も安心】おすすめインデックスファンド8選
つみたてNISAの中からおすすめインデックスファンドを8つ選びました。初めて投資信託をする人の選択肢になると思うので参考にしてください。

まずは流動性の高いつみたてNISAをフル活用しましょう!
何かあった際は取り崩すことができるのでつみたてNISAが優先度No.1

付加年金

付加年金はフリーランス、自営業の方が利用できる年金制度です。

毎月の国民年金保険料に400円を上乗せして払い込むと、将来的に受け取れる年金額に払い込んだ月数に応じた金額が加算される年金制度のこと

確実に年金に金額を上乗せできるのと、
上乗せした金額が2年の年金受給で元が取れるのでぜひ利用してほしい制度。

例:20歳〜60歳になるまで付加年金に加入した場合

受給額
200円 × 納付月数480か月(12か月 × 40年)= 96,000円

払い込むことになる保険料
400円 × 480か月(12か月 × 40年)= 192,000円

払い込んだ金額の半額1年で戻ってきます。96,000円戻ってくる。
2年目で全額戻ってきます。192,000円戻ってくる。
3年目で元金の1.5倍になります。278,000になる。
4年目で元金の2倍になります。374,000になる。

毎月400円であれば捻出できる家庭も多いのではないでしょうか。
すぐに元が取れるのでおすすめです。

厚生年金に入っていない人は加入することができます。
加入される方は市区町村の役所の年金課で手続きが行えます。

iDeCo

最後にiDeCoです。

過去に記事を書いているのでこちらも参考にしてください。

【iDeCo】おすすめ金融機関は?メリット・デメリットは?

【iDeCo(イデコ)】おすすめ金融機関(証券会社)は?メリット・デメリットは?
iDeCoのことを少しでもわかってもらえる記事を作りました。おすすめ証券会社やメリットとデメリット。それぞれを解説。上手に使おう国の制度。

フリーランス(個人事業主)には厚生年金(2階)の部分がないため、
会社員や公務員と違い掛金を多くかけることができます。
6.8万円です。

仮に6.8万円を5%で20年運用すると、

ちなみにiDeCoは70歳まで非課税で運用ができるので、
NISAと年金でしのげるのであれば更に運用を続けても良いと思います。

またiDeCoは所得税控除もあるのでそういった意味でも節税につながります。
必ず確定申告を忘れずに行ってくださいね。
忘れていた人は過去5年前までさかのぼって申請できるので申請してください。

気を付けてほしいのは、受け取る時です。

金額が非常に大きいため、すべてを一括で受け取ると税金が多くかかってきます。
個人的におすすめなのは一括と分割を併用で受け取ることです。
受け取り時にどの程度一括で受け取れば税金が少なく済むか考えましょう。
ちなみに分割で受け取る時も税金はかかってきますので、ここはしっかり考えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリーランス、自営業の方は何も考えていないと老後相当痛い目をみます。
つみたてNISA、付加年金、iDeCo
使える制度を最大限利用して老後に備えましょう。

11月推薦図書

10月を終えたので、11月の推薦図書を公開したいと思います。
10月に読んだ本の中でおすすめできる図書をを選びましたので、
是非興味をもっていただければと思います。

・とにかく漫画なので読みやすい!
・投資初心者、投資を考えている人に読んでほしい!
・税理士youtuber大河内さんが面白おかしく説明してくれています。

・中学生から読ませたい。
・お金の考え方がを学ぶことができる。
・お金のことをまじめに考えたことのない人は全員におすすめ。

・たぱぞうさんが実際に行った投資方法が記載されています。
・何よりも金融資産ごとのおすすめ運用方法などが参考になる。
・米国で投資を行う根拠を元に説明されているので非常に腑に落ちます。

・米国投資を中心とした投資を体系化して説明してくれている良書。
・目的、目標からの逆算した投資方法の記載。
・投資するための順序を踏まえて説明されているので米国株をする人にはぜひ読んでほしい。

・今現在一番売れているお金に関する本です。
・投資だけではなく、お金全般に関することが網羅されており、体系化されている。
・投資をしない人にも是非読んでほしい本当に良い良書。

・故・小池一夫さんの名著。
・生きていくことについて避けることができないことを文字にしてくれています。
・大人こそ読んでいただき、共感する部分を今一度振り返って大事にしてほしいと思える良書。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました