【米国株】なぜ急に下がったの?

投資

もうそろそろ仕事復帰ができそうです。
マイペースでぼちぼち行こうかと思います。
どうも、おはようございます。たろうです。

にほんブログ村 投資ブログへランキングに参加中
応援お願いします

スポンサーリンク

【米国株】なぜ急に下がったの?

 

こんな質問をいただきました。
確かに今年に入ってから米国株(ナスダックやダウ、S&P500)が今下がり、引きずられるように日本株(TOPIXやマザーズ)も下がっていますね。
今回はたろうなりの解釈で米国株が下がっている理由を簡単に説明したいと思います。

数字などを用いずにわかるようにがんばって書きます(笑

結論

量的緩和の引き締めが早まった。

いくつか理由がありますが、一番大きいのは上記だとたろうは思っています。

量的緩和って何?

量的緩和とは、中央銀行(日本で言う日本銀行)が景気が悪化するのを下支えするために市場にお金を供給して消費行動を促すことです。そうすれば経済活動が良い方向へ促されて活発化するんですよね。金融緩和政策とも言ったりします。

新型コロナの出現で米国だけではなく、どの国でも行われていますね。日本でも各世帯に給付金の支給がありましたよね。また条件はあるものの中小企業や飲食店などにも給付金が支給されて、経済を支えようとしていますよね。それと同じです。(まぁ日本ではゼロ金利政策がすでに行われてましたけど・・・)

理由

元々、米国の量的緩和はもう少し先に行われるだろうとFOMCで話し合われていました。

FOMC=Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略

FOMCは単純に米国の金融政策の方針を話し合ったり考えたりする会議みたいなもんです。その会議の結果で金融政策が決まります。

新型コロナによって始まった量的緩和で市場を支えていたものが過剰なインフレになってしまいました。これをFOMCは一時的なインフレだととらえていたのですが、予想に反しインフレがどんどん進み、市場に悪影響が出始めました。
FOMCの中では量的緩和はもっと先に行ってゆるやかに市場をコントロールをしようとしていたんですよね。それが元々話のあった予定よりも量的緩和が早まってしまったことにより、市場が大きく反応したんですよね。

ちなみにインフレは年2%程度が良いと言われています。それが今は5%を超える水準で米国は過剰インフレになってしまっています。過剰なインフレは消費者は購買意欲がそがれてしまい、企業は厳しい状況になってしまいます。そのため過剰なインフレは良くないとされています。

なぜ市場が大きく反応したの?

先ほども話したように、量的緩和が予定よりも早まったことが要因です。

金融緩和政策の逆の金融引き締め政策が行われると、流通している金融市場が鈍化するためです。
企業や世帯への給付を段階的に縮小していくと、企業の発展や購買意欲などがそがれていきます。結果経済が鈍化するんですよね。

投資家はFOMCの発表内容を投資の指針にしているため、過剰に反応するのは当たり前ですね。予定外の量的緩和の前倒しが発表されたので投資資金を引き揚げるのも納得できます。投資家にとっては予定外のことが起きたんですもの。そりゃそうです。

要はFOMCの量的緩和政策が予定調和通りにならなかったということです。

いつまで続くの?

個人的にはこの半年から1年は少なくとも続くと思います。

段階的に今行っている量的緩和の引き締めを行っていくため、時間がかかります。
このことをテーパリングと言いますが、これが予定通り(インフレの鎮静化など)に進めば株価も落ち着くのではないかなと思っています。
そうすれば日本株も落ち着くのではないでしょうか。

世界一の経済大国の米国が風邪をひくと世界経済に影響するというのがよくわかります。

ただ誰も市場を予想することはできません。いつ株価が上がるのか、まだ下がり続けるのかは結果を見るしかない状態ですね。

私たちがやることは?

つみたてNISAや投資信託は金額を変えずにそのまま続けること。

これに尽きます。
だって安く投資できているんですもの。ドルコスト平均法なら問題ないと思います。

個別株をしている方は動向を見守りながら、買い増しや損切りをすることですね。

ちなみにたろうが持っている株の中でも日米株安の中でも伸びている株もあるので、一概にすべてが悪いというわけではありません。

理由を簡単に言っちゃうと、量的緩和の引き締めが行われると金融株やコモディティ株は伸びる傾向があるためです。特に金融株は市場に出回っているお金が引き締めによって中央銀行がお金を回収するとお金の価値が上がり、儲かるため業績が良くなります。そういった側面があるので、自分が買う株はしっかり調べておいた方が良いということがよくわかりますね。

たろうの購入している個別株の記事↓

億り人.comたろうの資産運用方法②
今回の記事は「配当金・分配金」を得るための投資方法についての記事です。実際に私自身が実践をしていて損が出ていない状態です。真似をするのではなく、考えを学んでもらえれば良いかなと思います。

まとめ

なぜ米国株が下がっているのかというと、

・量的緩和の引き締め予定が早まったため
・理由は過剰インフレによるもの
・テーパリングにより調整されるが安定するまでに時間がかかる

このような感じですね。

他にも懸念材料はたくさんあります。
・サプライチェーン問題
・雇用統計問題
・原油価格高騰問題etc

今起こっていることに疑問を持って調べたり、考えたり、自分の考えを持つことは本当に大切ですね。
日々勉強です。

1月推薦図書

いつも通り12月に読んだ本でおすすめの図書のご紹介です。

・超簡単に読めるし、理解しやすい。
・誰でも実践できるし実用的。
・1時間で読めるレベルの初心者へおすすめの一冊。

・敗者のゲーム、ウォール街のランダムウォーカーを書いた二人の合作。
・貯蓄から分散、シンプルなのにリバランスまで網羅している。
・これ1冊あれば負けない投資ができると思う。

・少し古いけど全世界投資の有用性を示してくれる。
・本当にズボラ、一度決めたら放置するスタイル。
・初心者におすすめして実践してほしい1冊。

・少し難しいけど、米国株個別株投資をする上で必要な知識が手に入る。
・個別株を一つずつ歴史を通してリー単まで説明しているすごい本。
・たろうはこれで米国株投資を再び始めました。

・投資をする上では簿記の知識は必要不可欠です。
・簿記の知識は生活の中でも役に立つので常に勉強してほしいと思います。
・簿記ができれば視野が広がりますよ。

・中学生から勉強してほしいFB3級。
・あまりにもライフプランニング、税金のことなどを知らない人が多すぎる印象。
・不安がある人はぜひ手に取って読んでみてください。絶対に損はありません。

みんなで小金持ちになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました